« 2005年06月 | メイン | 2005年08月 »

2005年07月29日

7/25 海の家in Naked Loft

miya1_M-01.jpg
タイトル通りこの日のBGMは海で一番聴いたら気持ちいいナンバーをDJ岡本ホーテンさんがかけまくる。外の天気は曇っている中Orange Cloverのライブが始まる 。この日は5人編成のバンドスタイルでアップテンポの曲からバラードまでしっかりした演奏とvo忍のやさしくて力強い声が楽曲に負けずバランス良く聴かせる。海で日が昇るときのイメージが浮かんだ。またDJを挟んで宮良牧子の登場。3人編成で何と三線には寿【kotobuki】のナ−グシクヨシミツが参加している。
miyamu-01.jpg
牧子ちゃんの声が海の家で夜まったりしたときに聴きたくなるくらい世界に包み込む。それにしても忍、牧子二人とも石垣島の人だけど歌が上手すぎる。カバーも含めしっかりと歌い上げイベントは終了した。次回は、本物の海の家で観たいですねー

Naked:上江洲

7/5 「大里祭」

oosato-01.jpg
「大里村」沖縄でも知らない人が多いくらいレアな村です。その村が来年1月には南?
市になるらしい。それじゃいかんと思い大里出身者の上江洲修が大里の良さをみんな
に知ってもらうために自分の誕生日にやりました。
 店内には大里の資料がいっぱい貼られていましたねー、沖縄のムーチ−(お餅みた
いな食べ物)は大里から生まれたんだって、ライブも賛同者募集って書いたらいっぱ
い来てくれて寿さん、豊岡さん、shyさん、MERRYさん、ウラサキさんすばらしい演奏
ありがとう。それ以上に訳分からなくこのイベントに来てくれた友達、お客さんあり
がとうございます。イベントは最後、打ち上げには、この20年間もらった事のなかっ
たケーキまでもらえて凄い嬉しかったです。大里は、来年には無くなるけどいつまで
も大里の気持ちを持って生きていきたいと思いました
4-01.jpg
Naked:上江洲

2005年07月16日

7/8 焚き火会(番外編)

焚き火会といえば、LOFTのバーホールにて過去3回オールナイトで行なわれてきたイベント。このネバディロブランコ(from インザスープ)主催の焚き火会が今回は番外編としてNAKEDに登場!
今回はインザスープの男前ボーカリスト…(笑)中尾諭介氏を迎え、自由な、型にはめない、音を楽しむ会がはじまった。今回も勿論お客さんとの壁はとっぱらい、コールアンドレスポンス満載の会となっていた。
2005_7~2-01.jpg
お客さんの読む絵本に音がかぶさる。お客さんのお題で即興(インザスープの得意技だ)。メンバーが大学時代に歌っていた曲やカバー、中尾氏が今まで書き綴っていたが陽の目をみてない言葉に曲をつけたり。と…家歌い的なあったかい時間だった。まさにこれが「焚き火会」であろう。
2005_7~1-01.jpg
インザスープのみんなはライブ終了後の打ち上げでもいつも音、歌が続いていく。それがとても嬉しい。一般のお客さんも参加、セクシーな女性のお客さんも舞い踊り、深夜まで焚き火会は続いたのだった。

ネバディロブランコ、中尾さん、(インザスープの皆さん!)有難う御座いました。これからも又是非宜しくお願いしまーす。

カワカミエリ*NAKED

2005年07月08日

6/28 SET YOU FREE 「コニタンナイト」

今宵のNAKEDでは、ご存知フラワーカンパニーズのDr小西さんによる「コニタンナイト」が開催されました。ゲストにワタナベイビー、千葉氏、テルスターに加えたくさんの豪華な面子でSET YOU FREE の秘蔵映像を放出しつつ和やかなトークが繰り広げられました。
2005_0~7-01.jpg
登場から終了まで緊張しっぱなしの小西さんでしたが、休憩時にはオーダーを取りにテーブルを回ったり、マイクを持ってお客さんに感想を聞いて回ったり、物凄い働きぶりでした。
最後はワタナベイビーとのコンビで生歌を聴かせてくれました。「もしもピアノが弾けたなら」(西田敏之氏の大ヒットナンバー)、「昂」など歌謡曲ヒットパレードなステージ、大盛り上がりのエンディングとなりました。兎にも角にも楽しい一夜。小西さんを始め登場してくれた皆様ありがとうございました。
2005_0~F-01.jpg
※この日の模様が7/25にスペースシャワーTVで放送されます!こちらもお楽しみに〜。

NAKED:エリ

2005年07月04日

6/25 サヨコアリーナPLUS vol.5

2005_6~5-01.jpg
熱い、熱すぎるこの日のNAKED。
全日本プロレスの小島聡選手を迎えてのトークライブ。満員の店内は気温とは別の熱気で蒸されそうな勢い。入場テーマと小島コールにノっての登場、試合会場さながらだ。映像を観ながら熱狂、小島選手から色んなマル秘話が飛出し熱狂、ファンにはたまらん夜だったのではないだろうか。
天山選手との友情話、長州・武藤・橋本・天龍選手など新日本時代の思いで話しなどなど、試合では見られない小島選手(優しさ・可愛さ!)にも触れられたひと時だった。イベント終了間際にはNOZAWA論外選手の飛入りにより会場は再びヒートアップ。NOZAWA論外選手はテキーラ2杯をすぐさま一気に飲み干して退場した(笑)。
2005_6~7-01.jpg
イベント終了後にお願いした写真撮影にもこの笑顔で応えてくれました。
小島選手、これからも御活躍を期待してます。

Naked:カワカミ

2005年07月01日

6/20 「TRIPLE FIGHT-CORE-」

6.20NAKED-01.jpg
さあまたネイキッドに登場してくれました不死鳥ハヤブサ、今回はみのやさんの遅刻もなく(笑)、滞りなくスタ−トできました。この日はハヤブサさんのライブ活動「TRIPLE FIGHT」を始めてちょうど一年が過ぎたということで総決算、ベストセレクションのライブをやってもらいました。
ハヤブサさん曰く「ネイキッドだと東京のファンのみなさんも来やすいので」ということで、いつも大サービスの演出でのライブですが、今回も節目のライブをネイキッドでやってもらえて感激です。(前回のゲストは鉄拳さんと大槻ケンヂさん、今回はデビルマンに扮するZERO-ONE MAXの佐々木義人選手やチョコボール向井選手も遊びにきてくれました。)
6月はみのやさんとGOEMONさんの誕生日とあってハヤブサさんは二人の為にこの日の為のバースデーソングを作ってきたんです。作詞も作曲も手掛けるハヤブサさんの唄にはハートがこもってて、会場のお客さんは感極まって泣いてる人もいました。

FMWのエースとしてリングを優雅に飛び回り、華麗な空中殺法はまさにハヤブサでした、プロレス界のその後の激震、もしあの事故がなかったらその後のプロレス勢力図には大きな影響があったに間違いないでしょう。衝撃の事故からのリハビリは想像を絶する大変さだと思いますが。一日も早い復活を、不死鳥の再生を一ファンとして祈ります。
次回は8月16日(火曜日)みなさんもハヤブサさんの元気になる唄を聞きにきませんか?