« 2005年05月 | メイン | 2005年07月 »

2005年06月23日

6/11「佐々木和也ソロLIVE」

遅くなりました、こうしーん!!

IMG_009-01.jpg
佐々木和也がついにNaked Loftに来た!以前自分はソロアコギを観たが今回はBaセイジ氏、Sax松藤氏を連れての登場。期待が高まる。しかし、会場は何故か静かな重い雰囲気(?)お客様もNakedに慣れてないようで。そんな中佐々木氏が「行こうか」と一言、ステージへと向かった。
一曲目佐々木氏も雰囲気に呑まれたのか(?)どこかやりにくそうで、俺も「アレ?」と思ってしまった。しかし流石である、二曲目からはいつもの佐々木ワールド、堅さもとれ独特の俺の大好きな声で叫びまくる。そこにBa、Saxも混ざり、力強さ、心がグッとくる切なさがより一層増す。昔の曲、YAZAWAの曲など折り混ぜ何とも華やかなアコースティックLIVEだ。曲も良かったのだが、MCが又良かった。良すぎるので、来なかった人には教えません。
佐々木氏の赤裸々な、飾らないカッコ良さを感じた。全ての曲が終り、ステージを降り、俺に「いやー久々こんなに緊張したよ。」と笑顔で。その反面「悔しいから今度リベンジさせてよ」と。
どこまでもカッコイイ男だ。ソロは当分封印するらしいが、そのリベンジのステージ、もちろん今回よりもカッコイイ男が観れます。今回来なかった人、次来なかったら一生後悔しますよ。

Naked@SASA

2005年06月16日

伊良嶺高吉民謡ライブ

この日の民謡聴いて沖縄の風景が出てきた。本物の古典民謡だ!伊良嶺高吉さん実に三時間のステージお疲れ様です。いい沖縄観光が出来ましたありがとう


2005年06月08日

5/22 Rooftop&坂本商店presents ひょうたんライブ「音楽牧場vol.6〜放牧〜」

先月行なわれたひょうたんワンマンライブのレポです。

テツオ

ひ_1705~01-01.jpg

ひょうたんは、
そのバンド名の通り飄々と

ギター&ボーカル 二宮友和
ベース&コーラス 奥平厚志
ドラム      林康雄

この三人で奏でられる音楽ですが、
本当にお酒に合うんです!

ブルージーで叙情的だけど軽みがあり、
風に揺れてるひょうたんどっくりを思わせる、
そして飲んでないのに酩酊感を覚える
すばらしいロックです。

この日は夕方から雨が降り始めたのですが、
その雨音がまた、
ひょうたんのみなさんの奏でる音を引き立てていました。
渋い、渋過ぎる。
渋すぎてしびれました。。。。

「ひょうたん」、
今年はライブを勢力的にやってらっしゃいます。
音楽好きの人はぜひ行ってみてください!

Naked@あかつか

2005年06月07日

6月4日 ミュジカルサバンナvol,3

6月4日 ミュジカルサバンナvol,3 出演・うつみようこ、慶田盛大介、WateL ミュジカルサバンナも早くも三回目を迎えた前回からいろいろ新しい出会いのあるイベントで今回もまた新しい出会いがあった。WateL一回目からずっと出て

2005年06月06日

5/31 Naked Loft presents「皐月祭」

【出演】高尾聡司(デジマンズ) / Three piece of communication / コンタンズ / 榎本雄太(Circle)

 5月31日にネイキッドロフトにて行われた「皐月祭」。基本的には私が見たいバンドさんばかりを集めましたというところ。でも、実はこの日、私自身初企画ということもあり、不慣れなところや、手際が悪かったりの反省点も多々ありましたが、それはそれは素敵な1日になりました。

01kotans-01.jpg
19時をちょっとまわったところで、1バンド目のコンタンズが登場!普段も飲み屋などで演奏をされているというだけあって、ネイキッドのステージでもお客さんをぐいぐいと惹きつけていました。テンポの良いリズムに乗せて、渋めの声を聴かせ、まさに居酒屋ロックとでも言いましょうか。お酒もグビグビ進みます。

02_takao-01.jpg
 2番目に登場したのは、デジマンズのボーカルでもある高尾聡司氏。普段のバンドの激しいライブとは違い、アコギでじっくりと聴かせてくれました。バンドの曲をアコギでやったり、曲数はかなり少なめだったんですが、普段見ることができない一面が見れた気がします。次の水無月祭にも出演決定!今度はもう少したくさん曲を聴かせて下さい(笑)。

03_enomoto-01.jpg
3番目はCircleのボーカル榎本雄太氏。雄太くんのソロライブは3月ぶりということで、本人からもお客さんからもワクワクとした気持ちが伝わってきます。ちょっと時間が…あわあわしてしまったわけですが、なんとかスタート。ソロの曲をメインに演奏されたんですが、手拍子ありのアンコールありの(時間の関係でできませんでしたが…)とても楽しく暖かい雰囲気を作り上げてくれました。なんと言っても彼自身がとても幸せそうに歌っていたのが印象的でしたね。

04_threepiece3-01.jpg
 そして最後はThree piece of communication。前日に山形からいらしてくれた彼等は、ギターとパーカッションの男女ユニット。以前ネイキッドのイベントに出ていただいて、あまりにもそのライブが良くて今回も出演を依頼したんです。パーカッションを叩くsolaさんは他にもピアニカだったり3種類ぐらい楽器を操るんですが、掛け合いで歌ったり、ハーモニーもメロディーもとても心地良くて、幸せ〜な気分でこのイベントは幕を閉じました。出演頂いた皆様、ご入場いただいた皆様本当にありがとうござ
いました。
05_okyakusan-01.jpg

(WE部:やまだともこ)
 次回は6/29(水)<水無月祭>
【出演】Flatter / 黒田晃太郎(fromサカノボルト) / 春山 / まぼろしのみぎ / 高尾聡司(fromデジマンズ)
こちらも素敵な一夜になりそうです。ぜひぜひいらしてください。

2005年06月02日

4/18 「bedside yoshino〜outside yoshino #1〜」

遅ればせながら過去のプレミアライブのレポを掲載します。
Naked@テツオ

DSC_0306-01.jpg
またもまたも、ここNaked loftにてスペシャルなライブが行なわれました!
「bedside yoshino〜outside yoshino #1〜」

eastern youth吉野 寿さんのソロプロジェクトは満員御礼、&お客さん、吉野さん共々お酒を飲みつつ、リクエストと吉野さんのその場の気分によって曲が決まって行くリラックスした雰囲気の中始まりました。
お酒が進んで行くにつれ表現しがたい風に会場が高揚、それに応える吉野さんの叙情たっぷりの歌、
吉野さんに自分の声が届く近さに、いつものお酒の2倍3倍の酩酊感をお客さんは感じた事でしょう!
19:00にスタートして22:00まで、こんなに満腹にしていただいていいのですか!?
と思う程の超、超濃い内容のたっぷり22曲、そして、eastern youthでの吉野さんの雰囲気とはまた違った感動的な演奏を聞かせていただきました。アンコールは、お客さんのリクエストにより「青過ぎる空」。歌わずにはいられない!会場にいらっしゃったeastern youth二宮友和さん、ZAZENBOYS向井秀徳さんも一緒に、スタッフも一緒に大合唱!なによりも、吉野さん本人がとてもとても楽しそうにこのライブをされていました。嬉しい限りです!

DSC_0042-01-01.jpg
50人入ればいっぱいになってしまう大きさのNaked loftですが、その良さをみなさんに最大限に感じていただけたのではないでしょうか?
まだNaked loftに来た事の無い方も、ぜひ一度お立ち寄りください。お待ちしてます!

Naked@あかつか

2005年06月01日

5/25 狼に吠えろ!

050525naked-01.jpg
この日は護國團の石井さんのイベント、いつも思うのだけど、石井さんは本当に紳士だと思う。
武闘派集団の浮き名を流した護國團なだけに、俺はこの日はヒヤヒヤしながらイベントの進行を見守ってたのだけど、歯に衣着せない攻撃的(口調もやや乱暴)なお客さんとのガチの討論が始まったときにはもうお客さんとの心中も覚悟した(涙)
だが石井さんは常に冷静で真剣にお客さんと向き合い話を進行していた。

狼さん(石井さんを例えて)は静かに熱い男であるとともに日本の行く末を心配しているのだ。