« 2005年02月 | メイン | 2005年04月 »

2005年03月31日

3/27(日曜日)「なりきりカバー合戦」

今日は4人のミュージシャンたちによるカバーLIVE。
それぞれ、好きな曲をそれぞれのカラーで魅せてくれました。
2005_3~F-01.jpg
<中嶋さん(SPIRO)は“エリオット・スミス”を。>
2005_3~B-01.jpg
<崎枝さん(NOSE WATER)は同郷、沖縄の“ザ・ワルツ”を、MC 爆笑大将でもありました(笑)。>
2005_~18-01.jpg
<中尾さん(In the Soup)は泉谷しげる、井上陽水、そして長渕剛を、「おいらのうちまで」中尾さんバージョンがあったり、何と言っても「LISENCE」は心にしみました。>
2005_~11-01.jpg
<ラスト金吾さん(TIME SLIP RENDEZVOUS)はなりきりジョン・レノン(写真)での「HELP!」から始まり、“ビートルズ”ステージでした。>
2005_3_2-01.jpg
最後はセッションで「イマジン」を聴かせてくれました。
みなさん素敵な時間をありがとうございました。

かわかみ@Naked

2005年03月30日

3/22(火曜日)「nitt」「水中、それは苦しい」

IMG_2238-01.jpg

「何だ、この異種格闘技戦は!」と思わずにはいられないこの組み合わせ。
ネイキッド2回目の登場となる「nitt」。
そしてジョニー大蔵大臣率いる「水中、それは苦しい」。
一瞬も見逃せないライブがそこにはあった。
ジョ、、、バンザーイ!!水ちゅ、、、、ダアーー!!
※ジョニー大蔵大臣さま、腰をお大事にしてくださいねっ。

かわかみ@Naked

2005年03月20日

3/16 「アコースティックNAKED LOFT」

KIF_0662-01.jpg

今日のイベントは、ネイキッドロフト、お薦めのアコースティックイベントです。一
番目、小川こーた、二番目、畔涼子さん頑張っていました。そして僕が、この日、一
番、気になったのが最後のズ−タンズという女の子ボーカルのバンドで楽曲とボーカ
ルの声がネイキッドロフトにマッチしてバラードからテンポいい曲まで客さんを引き
寄せる力を持っていました。この日出ていたアーティストが次は、ロフトのステージ
に立つまで応援したいと思います。
                
上江洲修

3/17 TRIPLRE FIGHT〜CORE〜「春雷」

DSCF8830-01.jpg
さあ本日は試合中のアクシデントにより生死の境をさまよったプロレスラー“不死鳥”ハヤブサ選手とその盟友ミスターダブルクロスGOEMON選手が北海道を拠点とするフォークシンガーのストロングハートみのや雅彦さんと共にアコースティックのミュージシャンとして登場。特別ゲストとして鉄拳さんと大槻ケンヂさんも遊びに来てくれました。
DSCF8889-01.jpg
元々プロレスは好きでよく観てたんですが、あのハヤブサ選手がこういうかたちでネイキッドに出演してくれるとは思いませんでした、感激です。
ライブ終了後の打ち上げも気さくな感じで、お客さんもたくさん残り大交流会。
最後は写真撮影会と凄く充実したイベントでした。

テツオ

3月9日 夢占い&タロット

KIF_0655-01.jpg
ネイキッドでは占いのイベントもやってまして、この日は夢占い。
この日のお客さんの9割が女性でして、やっぱ女の子って占いが好きなんですね〜。
このイベントは私、不肖テツオも進行役として壇上に立たせてもらってるんですが、お客さんのレベルが高い。みなさん勉強してるんですね。
それもそのはず、今回の出演者である梶原まさゆめさんは占いの世界では知る人ぞ知る有名人でして、たくさんのお客さんが梶原さんをひとめ見ようと質問をたくさん用意していたみたいで参りました(泣)。
次回(5月10日 火曜日)は進行役としてもう少し勉強しときます。

テツオ

2005年03月19日

3月5日 〜LION〜裸異音の宴Vol.2

さあこの日はネイキッドの真骨頂、摩訶不思議な多国籍ライブ。
私の愛するジャンベ奏者・のり原人さん、しょっぱなからかましてくれました。
「空気の緊張」な〜んて、そんな、まったくもって堅苦しいもんではないですが、何かしら空気の変化があるんですょ。「引き締まる」ってんでもなくって…「静まりかえる」って程冷しくなくて…。
不思議なもんで、のり原人さんのジャンベ音って空気が少しでも音を伝えようと空気同士が仲良くなる感ぢ??そんな空気達を味方につけた空間での演奏でした。
ジャンベを叩いてみたり、呪文の様な声で唸ってみたり、機械使ってみたり、床に置いた木をカンカンコンコン打ち鳴らしてみたり、カタコト日本語とペラペラ英語とでMCしたりしてあっという間にソロコーナー終ぅ了ぉ〜。
KIF_0599-01.jpg
続いて、最強タッグ・のり原人さん&酒井さん
相も変わらずいろんな機材達を従える酒井さんに対し、もはや何処国籍かわからないのり原人さんのアイテムはドゥンドゥン。しかしっそんな二人の共演はまさに、club。techno/trance/house系DJイベントのLIVE ACT様式。沸かせ方、音やらタイミングなんかは超踊れる〜☆サイコ〜〜★けど!ココは1F、職案通りに面するNAKEDLOFT(MANIACLOVE調)、道行く人々が見て過ぎるのでちょっぴり勇気を振り絞る必要有り???
KIF_0604-01.jpg
出てきた瞬間カッコイイ!物っ凄ぉく楽しみに待ちわびておりました、インド舞踊家まゆみさんとあゆみさん。力強さを感じさせるがしなやさも合わせ持つ動きが何とも表現しにくい!
素早いターン、風とそよ風の中間くらいのスピード。メリハリがありながらも身体中の節々が節々としての機能を最小限に押さえた動きは波紋の広がりを見ている様。摩訶不思議さに感動しましたー。
表情も様々。真剣な目つき。キッとして一点を見つめる目。トロンとした、うっとりとした目。ワタクシ、女性ながらに垂れ目メイクに完全にャられてしまいました!その瞳にドキドキしっぱなし!!男性陣、正直、どうでしたか??
KIF_0614-01.jpg
オランドさん達の出番はトリ。今回はチビっちぇー男の子も頑張ってジャンベで参加してて可愛かった〜vv
大人四人子供一人、パーカッションをずらり並べてステージはキッツキツ。お客さん(女性限定)の手をとり祝いのダンス伝授。「大きな栗の木のしたで」や「しゃぼん玉」など、ガーナ音楽に日本の童謡の歌詞をのせ、元気に、自由に、叩き、歌い、国境超え音楽を堪能させていただきました。
KIF_0617-01.jpg
ネイキッド スーパーバイザー 中南

2/28 ゆいまーるロックVol.2

写真をアップします、スンマセンお待たせしました。みなさまホントに仕事が遅くて申し訳ないです。KIF_0528-01.jpg
この日は「ゆいまーるロック」ゆいまーるとは沖縄の言葉で相互扶助(助け合い)っていう意味だそうです。ゆいまーるの名のもとにネイキッドを助けるべくやって来たのはうつみようこさんと寿さん。
まずはうつみようこさんの弾き語りでスタート、女性シンガーの中でも1、2を争うという声量でいろいろ唄ってくれました。特にボガンボスの往年の名曲「夢の中」は最高でした。
KIF_0564-01.jpg
つづいてデビュー20周年を迎えますます活動が盛んな寿<KOTOBUKI>、5年振りのニューアルバム「寿魂」を先日リリースしたばかりでその優しい唄に癒されまくりでした。
KIF_0584-01.jpg
最後は永年交流はあるものの、一緒に演るのは初めてといううつみさんと寿がネイキッドならではの豪華セッション!!詠六輔も大絶賛の「前を向いて歩こう」をお客さんも含めみんなで唄い、最高なライブでした。

テツオ

2005年03月05日

2/27(日曜日)ニルギリス・オブ・ジョイトイ

2005_2~4-01.jpg
かっこいいー!!ニルギリス&CICADAの小川裕史のコラボイベント「ニルギリス・オブ・ジョイトイ」
やっていただきました。
のっけからVoの岩田あっちゅの唄声にやられました。この日はドラムの稲寺さんと二人でムームーを着てて、とても似合ってて雰囲気もすごくよかったです。
最近はいつもニルギリスの「ニュースタンダード」を聴きながら働いてたんでこの日は大感激、アコースティックバージョンも落ち着いた感じで最高。ニルギリスの世界に引き込まれました。
小川さんのDJもごきげんな選曲で、ニルギリス終了後は台湾版ドラえもんのテーマで始まりって、どこで手に入れてんでしょーか??
5月くらいにまたやってくれそうです、今後の活動が要注目のニルギリスに小川さん。
今後ともネイキッドをよろしくおねがいしまーーす。

テツオ