« 2006年01月 | メイン | 2006年03月 »

2006年02月27日

伊達男ナイト最終回(2/25)

そして最終回のトリを飾ってくれたのはもちろんジュリーパフォーマンスでお馴染みの沢田王子。僕はここで王子の一番ジュリーっぽく撮れた写真をいつも UPしてたんだが、今回はこのお客さんの生演奏ライブ位むちゃくちゃ盛り上がってる様子を見せたくてこの写真にしました。他にも歌謡SKAカバーバンド のSHOW-SKAや元気いいぞうさんやDJの革パン刑事、ナカジマノブ、オッチーなど沢山の方々が見事に最終回を盛り上げてくれて、なんだか僕も3年 半の色んな事を思い出して最後には感動でうるっときてしまいました。主催のテリーは最終回と言ってたけど、又やれる機会が来たら是非やってほしいと思え る素晴らしいイベントでした。ありがとう伊達男ナイト!!

伊達男ナイト最終回(2/25)

最近TV露出とかもあったせいか、僕の個人的な知り合いにも「TVで見た」などと言われる程有名になった、エアギター日本第3位の宮城マリオも出演予定 にはなかったのに最終回という事で急遽飛び入りし見事なエアギターパフォーマンスを見せてくれました。一番最初見た時はなんなんだこれ!?みたいな受け 止められ方でみんな爆笑してるだけだったのが、今では風格まで出てきて普通にみんなパフォーマンスとして観る様になり、いやあ石の上にも三年というか、 続けていく事の大切さの様なものを宮城マリオには学んだ気がします。


伊達男ナイト最終回(2/25)

突然なんですが、寂しい事に最終回となってしまった毎週最終土曜日深夜レギュラーだった「伊達男ナイト」。実は3年半も続けたと主催のテリーから聞き、 自分でもそんなに長く毎月やってたんだと、驚きと同時に寂しさにもおそわれました。写真はプラスワンでもロフトでもお馴染み殺陣パフォーマンスの剱伎衆 かむゐ。いつもは4人や複数でやってて、この夜二人しか出れなかったんだが、最終回という事で二人でも見事な殺陣パフォーマンスで、みんなをわかせてく れました。

DSCF0010.JPG

団地ナイト(2/25)

右の方はこの団地ナイトにゲストで出て下さった石川さんという方で「東京ナス化計画http://fieldsmith.net/gps/」というもの をやってる方で、簡単に説明するとGPSという自分が動いた場所が全部人工衛星を使って地図に記録されるという機械を使って、東京のあらゆる所に写真の 様な大きな地上絵を書いてる方で、この日は団地と絡めて色んな団地を経由して書いた地上絵とかを発表して下さったんだが、もうこのGPSという機械をも しイベントの帰り際販売してたらきっと沢山売れただろうと思える位,お客さんもみんな非常に興味深そうに引き込まれてて、僕もとても欲しくなった。石川 さん本人もとても面白い方でした。


団地ナイト

「団地ナイト」って何?と思われるだろうが、見ての通り団地を愛する団地マニアの方が同じく団地を愛する集まった方々を前に日本中の数々の素晴らしい団 地を紹介するというもので、「団地マニアなんているの?」とみんな思うだろうが、なんと超満で入りきらなくなった程の大盛況振りでした。真ん中の方が日 本を代表する団地マニアのHP「住宅都市整理公団http://homepage2.nifty.com/danti/」の総裁のオーヤマさんで、オー ヤマさんの数々のコレクション写真をこうやって写す度にお客さんが唸るという「知らない世界に知らないマニアは沢山存在する」という事を見事に実証した イベントでした。左の方は小林さんと言う方で、団地が好き過ぎて団地を買ってしまった人で、室内の真ん中にスケルトンのお風呂を作ってしまったり、団地 を使って団地愛に溢れたかなり好き放題な事をやってる方でお客さんにもかなりリスペクトされてました。

2006年02月22日

アナーキー&豪華ゲスト達(2/21)

豪華ゲストがたっくさん来てくれていたので、後半どう出て頂こうか?と考えてたら茂さんの「全員いっぺんに出てもらえばいいんじゃない?」の一言で後半 スタートとしてアナーキーの5人に続き、ゲストが全員出て来てもうご覧の通り大変な事になりました。ただでさえガッチンガチンで緊張して司会してたの に、こんな状況になって増々テンパりましたが、いつもの様に怒髪天の増子さんが酔っぱらいながらガンガン喋ってくれて(笑)、随分と助けてもらったとい うか、最後はもうほとんど仕切ってもらってました。それにしてもこの凄い状況を見ててアナーキーってほんとにミュージシャン仲間達にも愛されてるバンド なんだなあと思いました。 写真は左からオレ、伸一さん、Jさん(プラスワンでJさんというと杉作さんをみんな連想しますが(笑)、元LUNE SEAのJさんです)、ロティカのシズヲさん、茂さん、寺岡さん、その後ろで顔が隠れてるのがG.D .FLICKERSの稲田錠さん、ARBのキースさん、ARBの幸也さん、その後ろで隠れちゃってるのがロティカのあっちゃん、コバンさん、怒髪天の増 子さん、マリさんです。いやあすげえ。それでイベント終了後の打ち上げも当然盛り上がりまくりで、終わったのがなんと朝の7時でした。何もかもが凄いと いうかロックというか、とにかくアナーキーのパワーには最後まで圧倒されまくりました。

亜無亜危異ナイト(2/21)

見て下さい、この奇跡の5ショット!!本当にアナーキーオリジナルメンバー5人が集まりましたよ!!アナーキーの事を知らない人にはこの5ショットがい かに凄いかと言う事が伝えづらいんですが、オレはもう感激と緊張で倒れそうになってました。オレは実は中学時代バンドの真似事を始めた時に最初にコピー したバンドがアナーキーだった。同世代のバンドやってた人でオレみたいにアナーキーのコピーからバンドを始めたという人は凄く多いと思う。写真は開場前 に取材が沢山入ってて、その取材で壇上に5人が並んだ時のものだが、もうやはりこの5ショットを見ると自分も中学時代にタイムスリップしてしまい、中学 時代の同じアナーキーのコピーをやってた田舎の友達につい電話しそうになってしまった。


ムーンライダーズ30周年(2/17)

ライダーズの3人近影。 プロデューサーの能地アニキは始まるまでイベントが上手く進んでいくかとても不安がってましたが、終始ほんわかトークで3人もとても楽しそうでトークも とても面白かったです。

ムーンライダーズ30周年(2/17)

CRT&レココレ vol.77、祝★30周年!ムーンライダーズ大感謝祭。超満員御礼で開催されました。 30周年というのはホントに凄い事だと思ったのは、デビュー当時の皆さん若い頃の映像が流れた時、当然見た目が30年という時を経てる為、一瞬見た瞬間 は誰が誰か区別がつかない程変化していて、ファンの方々も「オ〜〜〜ッ」としきりに唸っておりました。ライダーズが結成した時に生まれた人も今は30歳 になる訳で、そうやって考えると、その間ずっとバンドが継続されてたと思うとホント驚異的です。写真は左から萩原健太さん、鈴木慶一さん、白井良明さ ん、鈴木博文さん、能地祐子さん、寺田正典さん。

2006年02月16日

カリカ家城トークライブ(2/11)

そのいい話の後に他のメンバーがカラオケを唄うコーナーで、ヤッシーのイイ話の後に歌の上手い林くんも唄いました。林くん唄上手いです。


カリカ家城トークライブ(2/11)

又も南海キャンディーズの山ちゃんがゲストで来ておりましたが、イベントの最後にメンバーの誰かが感動的なイイ話をした後に自分が選んだ感動的な歌をカ ラオケで唄うというコーナーをやりましたが、山ちゃんにも番が回って来て、語り手が泣き出して、会場中も感動で静まり返った中、山ちゃんが選んだ曲が 「負けないで」で、なんとなくみんなが「・・・・選曲違うよなあ・・・」と思って笑ってる瞬間。

2006年02月11日

女の子だらけのSMナイト(2/9)

「女の子だらけのSMナイト」のタイトル通り、男子は一切舞台に上がることのなかった今回。狩野さんが連れてこられる、ナンバーワン女王『こも様』(写 真右机上:小桃ちゃん、パグ犬1歳)にはプラスワンスタッフ一同萌えまくりです。今日も開演前からこも様客席を爆走するサービスぶりで、そのせいかトー ク中は狩野さんの膝の上でスヤスヤ…そのあいだも飼い主さん達は、とても活字には出来ないような超絶プレイの話をされておりました(笑)。このイベント は毎回、非常にアットホームな感じがする。これはやっぱりSMには信頼関係があってこそ成り立つもんなんだな!レポート/ロフトプラスワンスタッフ:ワ タル齋藤

2006年02月08日

格闘二人祭1(2/7)

毎回、満員御礼の格闘二人祭りについに大事件が勃発! この日のターザンさんはピンクのスーツにピンクのハットという、キッチュないでたちで登場。でも格好のわりにテンションは低め・・?ゲストは第一部が元 GK(ゴングを退社されたので新しいニックネーム募集中とのことです。)、新日本プロレスのTV解説などでもおなじみ金沢克彦氏(写真真ん中)。もはや 二人祭りのセミレギュラーである金沢さん。勝手知ったる仲の三人だけに、スムーズにトークは進行・・・・・・していくはずが、(下の写真レポートに続 く)

格闘二人祭2(2/7)

ターザンさんが突然、「俺今日はここにいても意味がないから帰る」といきなり宣言!そのまま本当に新宿の街に消えて行ってしまったのだ。これには豪さん も金沢さんもお客さんもスタッフもビックリした。しかしそこはターザンさんの性格をわかってる金沢さんと豪さん、とお客さん(笑)。話はそのまま新日離 脱者&N選手とF選手の面白すぎる確執の話へと進み、第一部は終了。(下の写真にレポート続く)

DSCF0119.JPG

格闘二人祭3(2/7)

その後休憩中ももちろんターザンさんが戻ってくることもなく、第二部のゲスト、吉江選手が入場。新日離脱者のなかでもダントツの注目度の吉江選手だけに 今後の動向が注目されたんだけど、具体的な話は聞けなかった。残念。「プロレスラーになる前は看護師か警察官になりたかった」という意外な話や、隠れた 名勝負(?)である、K-1選手ノルキヤとの異種格闘技戦なんかの話をしていました。・・・・しかし結局最後まで戻ってこなかったターザンさん。今年最 初の二人祭りは、このまま最後の二人祭りになってしまうのか!? (以上イベントレポート、すべてロフトプラスワンスタッフ/斉藤ワタル)

プラスワン大合コン(2/6)

最初開場前、どうしようかと思う程お客さんが少なかったが結果的に男性も女性も沢山お客さんが集まってくれました、プラスワン大合コン毎年恒例バレンタ インデー直前スペシャル。写真は最後の「ラブストーリーは突然に」の全員での大合唱。もう「ラブストーリーは突然に」を聴いてもドラマより出会い系居酒 屋プラスワンしか思い出さなくなったもんな。この合コンやってていつも思うのは最終的には男性より女性の方がやはり度胸が座ってるというか堂々としてる というか、とにかく面白い女性(一人で来たり)の方が沢山集まって下さるので毎回新鮮な驚きのあるイベントであります。次は2/17(金)深夜に大人気 「出会い系居酒屋プラスワン・プラスワン飲み会」をやります。この日は「出会い」というテーマの他にプラスワンのステージに上がりたい人は上がりたい放 題で自分の好き勝手に主張してもいいというテーマもありますんで、興味のある方はどうぞどうぞ。久々にオレも司会頑張ってみます。


大カラオケ大会(2/5)

なぜか「のほほん学校」終了後に最近定例化しつつある大カラオケ大会。「誕生日祝いでみんな1曲づつオレに歌をプレゼントしろ〜!」と大槻さんが言った ので、ゲストで出た特撮のメンバー全員やヤングス他色んな方々が次から次に得意なカラオケを大槻さんに歌い捧げてました。写真は大槻さんが「ラブイズ オーバー」を歌ってるとこ。それんしてもこんな離れて写真を撮っても見分けられる鉄拳さんのメイクって凄いなあ。

鉄拳(2/5)

その「のほほん学校オーケン40歳前夜祭」に前日急遽飛び入りする事になり、いつものネタと大槻さん用の特別ネタまでやって下さいました鉄拳さん。おで こには「祝」と書かれています。やさしい芸人さんであります。


のほほん学校(2/5)

毎年恒例、のほほん学校の大槻さんバースデースペシャル。いやあ個人的にも98年から7年間こののほほん学校をずっと担当してるので、その大槻さんが 40歳になったというのが同世代(大槻さんオレよりひとつ年上)として非常に感慨深く、「オレも来年40なんだよなあ、、、、」なんてしみじみ思ってた 中、いきなりこの赤いちゃんちゃんこを身にまとい、森高千里の「17歳」をカラオケで歌いながら登場してきた大槻さんを見ながら「オレも負けてらんな いっ!」とその自虐的な登場に大爆笑しながら写真撮りました。バックの人達は来週ロフトで残念ながら解散してしまう大槻さんのバックバンド「ヤングス」 のみんな。


東京ロンドン化計画(2/3)

つうか暗過ぎてわかんないっつうの(笑)。そう、ロンドン化は特にホールを暗くしてやってるので、全体の写真を撮ろうとするといつもこうなります。見て もわからないと思いますが、この夜は初めて来るという外人さんの団体や車イスのお客さんとかが照れも遠慮もなくすぐ馴染んでゴキゲンに踊ってたのが、 「これぞロンドン化!」って感じでロンドン化のスタッフも店側のオレもなんだか凄く嬉しくて喜びあいました。 DSCF0067.JPG

サインボール投げ(2/1)

華恭ビッグショーの最後になぜか沢山のサインボールを客席に二人が投げ込んでるとこ。でもサインっても二人が考えたヘンなことわざとかが書かれたもの。 ちなみに左端の方は司会の青森放送の橋本さんで、声のよさも含め「さすがプロ!」という感じでめちゃくちゃ司会が上手く、なんだかいつものオレの司会と かダメダメだなあと反省させられました。


華恭ビッグショー(2/3)

立ち見も多数出る超満御礼でした水戸華之介さんと杉本恭一さんの華恭DVD発売記念、二人のビッグショー。やはり当然アンジー、レピッシュの時代からの 古くからのファンが多く、という事はオレと同世代的なお客さんも多く、トークの話題もなんとなくその空気感が掴みやすくて、個人的にも凄く楽しませても らいました。途中でゲストで、アンジーの追っかけの為に上京してきて、それからアンジーのスタッフもやってたパンチユーホーさんが来たり、色んなゲスト というか身内というかみたいな方々も飛び入りして面白かったです。アンジーとレピッシュのデビュー当時の映像はなんだか髪型や衣装なんかの雰囲気も含め 自分にとってもめちゃくちゃ懐かしく、感慨も深かったです。

チッチキチー(2/1)

こだまひびきさんが帰られた後、楽屋のウチのメニューにあの「チッチキチー」のポーズの時にこだまさんが親指に貼る「チ」が貼ってあったのがあまりにも 大爆笑だったので写真撮っちゃいました。この「チ」。スタッフで取り合いになりました。

大木こだまひびき(2/1)

こだまひびきさんを楽屋でパチリ。スタッフに「絶対チッチキチーのポーズしてもらってくれ!」と指令して行ってもらったんだが、黙っててもすぐこのポー ズをしてくれたそうです。

笑魂伝承・洋七&大木こだまひびき┣

隔月レギュラーの笑魂伝承。いつも若手の人気芸人さんがゲストなんだが、今回はちょっと違うパターンで大木こだまひびきさんがゲストで出て下さいまし た。つってもなんか今人気絶頂なのでなんだかこだまひびきが新人さんみたいに見えてしまうのはオレだけでしょうか。で、トークはもう最初から判ってたと いうか、洋七さんと周知の旧友なので、洋七さんも普段とは違い共通の話題で盛り上がりっぱなしで、最初から最後まで延々と大爆笑で、ウチのスタッフから も「今までの笑魂伝承で一番面白かった」という発言が出た程でした。