« 2005年08月 | メイン | 2005年10月 »

2005年09月30日

やぎの目ナイト in 大阪 (9/29)

Webやぎの目ワールドツアー2005in大阪。 林くんが「大阪も名古屋もビックリする位チケットが売れてない」なんつって書いてましたが、ちゃんと120人位のお客さんが入って、イベントもいつもな感じでゆるくて楽しく盛り上がりました。写真は恒例の林くんのサイン会。東京と同じく長蛇の列ができ、1時間半位サインやイラストを書いてくれました。

伝説の井上編集長

そしてまさか出てもらえると思わなかったが奇跡の出演をしてくださった、週刊ファイトの伝説の井上編集長。でも多分この日に出た誰よりも一番沢山喋った。その凄いパワーに終始圧倒されました。感激!

新間さん&レイザーラモン

楽屋でのレイザーラモンとゲストの新間寿さんというあまりにも凄すぎる3ショット!!

フゥー!!

レイザーラモンの住谷さん(HG)は、ちゃんとフゥ〜!!もやってくれました。写真はターザンとお客さんと一緒に「ターザン山本フゥ〜〜!!!」とやってくれたとこ。

格闘二人祭@大阪 (9/28)

格闘二人祭りin大阪。300人近い動員で大盛り上がりの大変な事になりました。写真もなんかこうやって見るとなんかプラスワンみたいでしょ?何が嬉しかったってこのイベントを始めた時から山本さんはオレに会う度に「お前しょっぱいなあ、、、、」といつも怒られてたオレだが、今回山本さんに初めて「よくやった!」と誉められたのが嬉しかった。でも帰りに又「しょっぱいなあ」って言われたけど。写真はターザンと豪くんと、ある意味今最も時の人とも言えるレイザーラモンの二人。

スズメバチのお酒( 6 年物)

これがそのスズメバチのお酒。このスズメバチも食べるんですよ!!!!!

健 'z with Friends 名古屋打上げ

健'z with Friendsの打ち上げ写真初公開。TOKUZOのそばのピカイチという、もう店内の装飾が全部ドラゴンズグッズみたいなそうとうブッ飛んだ中華料理店でしたが、もう出されるもん出されるもん全部美味しくてみんな大満足でした。で、メンバーの曾我さんはミュージシャンも役者もやってて、ツアーや舞台とかで日本中のありとあらゆる美味しい飲食店に詳しくて、この店も知ってて、「確か6年物のスズメバチを大量に漬けたお酒があるはずだ」と言って店の人に聞いたら本当にあって、その樽が出てきてそのインパクトにみんな圧倒されながら見てるとこ。ちなみにみんな絶対飲みたくないと拒否する中、曾我さんとオレだけ飲みましたが、直後に体がカッカカッカする位強力でした。

2005年09月28日

9/27島田洋七の笑魂伝承大阪ツアー!

梅田バナナホールにて行われました。ツアースペシャルとして、麒麟さんとバッファロー吾郎さんとゲストは二組お迎えしました。最後みなさん揃って盛り上がっています。

健 'z with Friends @名古屋 9/27

又ジャンケンの写真(笑)。ライブ中は照明が暗いのと、なかなか写メールをしづらいので結局客電話もついてステージも明るいジャンケンのシーンが1番撮りやすい、とか言っといて何この手ブレのひどさは(笑)。健'z with Friendsプロデューサーの能地アニキも「写真だけ見ると物凄い盛り上がってるパンクバンドのライブ写真みたいだけど、アコースティックバンドでしかもジャンケンしてるだけなんだよな(笑)」なんつってました。という訳で奇跡の健'z with Friends東名阪ツアーファイナル、@名古屋TOKUZO、超満の中大成功大盛上がりで無事終了しました。でもアコースティックライブでしかも3時間ブッ続けライブ(開場時間から数えるとなんと4時間!)なのに立ち見で見て下さった沢山の方々ホントーにありがとうございました&ホントーにお疲れ様でした!

健 'z with Friends @大阪

健'z with Friends@大阪バナナホールリハーサル近影。MCで阪神の話をするとやはりとても反応が大きく、みなさん嬉しそうで、G党の健太さんは複雑な表情になってました(笑)。

2005年09月27日

健 'z with Friends @大阪 (9/26)

なんだか感動。健'z with FriendsはホントにプラスワンとCRTがなかったら存在しなかったという奇跡の化学反応で生まれたバンドである。それがCDも二枚出し、こんな東名阪ツアーまでやって、のべ千人ものお客さんを動員するバンドに化けたのである。ホントなんだか感動してます。という訳で、バナナホール5デイズの一発目を300人もの超満員でハデにブチカマシ…、というかいつもなゆるいマイペースで(笑)盛り上げてくれました、我が健'z with Friends。でも大阪だろうが店が変わろうが、やりましたよ、プラスワン名物じゃんけんプレゼント大会。じゃんけん選手はもちろん黒沢“ジャン”健一。写真は健一くんがいつもの見事なじゃんけんさばきでバッタバッタと切りさばいてるシーン。

2005年09月25日

えびす橋

グリコ看板横のご存知えびす橋の今の様子。阪神優勝秒読みという状態で厳戒態勢が取られてて、こんなフェンスとこんな看板が立ってるという異常な状況であります。でもとにかく明日月曜日の大のG党の健'z with Friendsの萩原健太さん&能地祐子夫妻と金曜の同じく大のG党のリリーさんの日に阪神が優勝するのだけはイベントに支障をきたす可能性があるので、それだけはなんとか避けて頂きたい(笑)。

猫くんとデカイ外人

バーカウンターにて。なぜかパツキンの背の高い外人ねーちゃんが二人見に来てて、カウンターでジュリーショーを見てるんだが、その後ろで猫くんがジュリーショーを見てるんだが、前の二人がデカイので小さい猫くんは全然見えなくて困ってるというのがあまりにも可笑し可愛くて撮っちゃいました。でも、猫くんは実は大きい女性が好きなタイプです。

沢田王子 in 大阪

そしてトリはもちろん我らが沢田王子のジュリーショー。相変わらず王子が一番ジュリーっぽく見える写真を撮る為に何十枚も写メールを撮る事に燃えるオレの今回の一枚。ジュリーショーはホントどこでやっても凄くウケるってのがこうやってプラスワン以外の場所で初めて見て凄く判る気がした。エンターテイメントとして完璧に成り立ってるのと、やはりジュリーの曲がみんな知ってる有名な曲ばっかで、しかも全部めちゃくちゃイイ曲だから自然と見てるとメートルが上がってくるんだよね。

猫ひろしくん in 大阪

B-TRIP BARで猫くんがネタをやってるシーンです。大阪でもバッチシウケてました。

伊達男ナイト in 大阪( 9/23 )

いきなり更新怠ってます。で、おとといの夜に大盛況の中開催されました、伊達男ナイトin大阪@B-TRIPBAR。なんとウチの社長の小林と代表の平野も急にやってまいりました。写真は楽屋というか店の入り口での談笑シーン、、、、と見せかけて、出演者にソファー譲られたり結構周りがおっちゃんに気を使わってくれてるシーン。気を使ってるのは活弁映画監督の山田広野とおなじみ猫ひろしくん。手前はオーガナイザーのテリー植田とウチの小林社長。

2005年09月23日

岡村靖幸ナイト @ 大阪

実はこの深夜に大阪心斎橋B-TRIP BARで開催されておりました岡村靖幸ナイトin大阪。なのでオーガナイザーの我がテリー植田はこの岡村靖幸ナイトin大阪をやり、今晩又ここで伊達男ナイトin大阪をやり、明日はなんとプラスワンで伊達男ナイトin新宿をやるという超ハードスケジュールをこなさなければいけないのだ。東京と同じく大盛り上がりだったんですが、オレはMAN-ZOKUナイトの大成功が嬉しくて初日なのにいきなりお酒を飲み過ぎまして、気付いたらなぜか閉店した和民で一人泥酔爆睡してた。結局歌舞伎町だろうが心斎橋だろうがアホはアホだという事です。

MAN-ZOKU ネオン

打ち上げで例のえびす橋のグリコの巨大なネオンとかの話になった時、MAN-ZOKUのみそじさんが「ウチも巨大ネオン出してますよ」というので見に行ったら本当にめちゃくちゃデカイネオン看板出してて超ウケた。

MAN-ZOKU ナイト @ 大阪

で、ステージの写真。司会は吉本興業のへびいちごさんがやってくださりもういきなりバッチリはまりまくりで本人達も「こういうイベントがやりたかったし、こういうイベントがなぜ今まで大阪になかったのかが不思議」と、凄い喜んで下さいました。クラブジャングルはステージの真横にバーカウンターがあるという面白い作りですが、こうやって写真撮って後で見てみるとなんか昔の富久町のプラスワンみたいね。ちなみに我らがレミちゃんはへびいちごのファンという理由だけでわざわざ東京から来てくれた(笑)。

野球拳 @ 大阪

で、写真はMAN-ZOKUナイト名物の野球拳ですが、急遽客席のド真ん中でやろうという事になり、もう暴動になるかと思う位の壮絶な盛り上がりで、東京からわざわざ来てくれた我らが大久保Eメールのレミちゃんが見事な脱ぎっぷりで死ぬほど盛り上がりました。なんつうかMAN-ZOKUナイト来た事ある人しか分からないと思いますが、今の東京のMAN-ZOKUナイトはお客さんも異常なテンションでもうほっといても大盛り上がりなんですが、今の状態になるまでは実は何年もの時間がかかってるわけです。で、表現すると大阪はそれを一夜にしてその状態になりメーターを振り切ったみたいな(笑)、そんな感じです。

MAN-ZOKU ナイト @ 大阪( 9 / 2 2 )

やったっ!!やったっ!!見てくださいこの尋常じゃない盛り上がり(笑)。なんと160人ものお客さんがお越し下さり、超満員御礼で入れなくてお帰り頂いた方まで続出してしまい(入れなくてお帰り頂いた沢山の方々ほんとにすいませんでした!)大大成功となりました、初のMAN-ZOKUナイトin大阪 @クラブジャングル。MAN-ZOKUナイトプロデューサーのみそじさんと「いつか大阪でやりましょう!」と約束してから早5年、遂にオレ達二人の夢がしかもこんなロフトプラスワン10周年名阪ツアーの初日に超大成功で出来たので、なんかホントに感無量でちょっとグッときてしまいました。

2005年09月22日

iBook 破壊

初の長期出張という事で、平成の超アナログ人間のオレもさすがにパソコンとかがないと厳しいという事でiBookを遂に購入したんだが、それが嬉しくて、すべての仕事の電話やメールに「しばらく出張出てますが…あっ、そういえば僕iBookを買ったので遠慮なくメール下さいね」とわざと答えたり、新幹線の席で「あっ、あの仕事片付けなきゃあ…」とか言って、なんの仕事もないのにわざとiBook広げて、なんか「忙しいバリバリのビジネスマン的なオレ……」な雰囲気に自分で酔ったり、超嬉しがりクソバカモード全開だったんだが、ホテルでiBookでエロDVDを見てて(つうかこれが一番の目的だった)そのまま寝てしまい、朝起きたらiBookがDVDもイジェクトしない画面も写らない全く電源もつかない、うんともすんとも反応しないで、出張初日にしてエロDVDの見すぎでiBookいきなり故障。「これは明らかに故障だ」と気付いた時に一番ヤバイと思った事は、やはりこれを修理に出して起動した時にイジェクトしたらエロDVD が出てくるという時の死んでしまいたい恥ずかしいさの事である。

という訳でお仕事、プライベート問わず、これを見て下さってる方々でオレにメールする事があるという方は、誠にお手数ですがスイマセンがオレの携帯のs.12345678910-y@docomo.ne.jpにメール下さい。スイマセン、ヘンなメアドで。

2005年09月21日

大阪でしか見れない・その 1

電車の中釣りにて。リリーくんをこんなとこで発見して妙に嬉しくて撮っちゃった。

いよいよ名阪ツアー開始!!

という訳で、再び大阪にいてます。明日から遂に全18公演にも及ぶロフトプラスワン10周年名阪ツアーが始まります。前売券もお蔭様で順調に売れ、今も売れ続けてます。オレ自身も期待と不安と酒量の心配で興奮してまいりました。これから出来る限り楽しい名阪レポートをここにUPしていこうと思いますのでよろしくお願いします。それと、こう見えて実はオレ大阪も名古屋もおもしろスポットみたいなものをホントに一つも知らないので、もし「ここは絶対行っといた方がいい」というオススメスポットをご存知の方、今回は長い間いるので本気で知りたいので、マジでオレの携帯のs.12345678910-y@docomo.ne.jpにメール下さい。スイマセン、ヘンなメアドで。

しつこく告知!!

LOFT/PLUS ONE 10th Anniversary名阪出前ツアー!!

A・9/22(木)「MAN-ZOKUナイト!!〜大阪編」
B・9/23(金)「新耳袋 in大阪」
C・9/23(金) 「伊達男ナイトDX〜出演・猫ひろし、他!」※
B・9/24(土) 「韓国まんがまつりIN大阪」(昼)
B・9/24(土) 「いまきみが入れた真水のコップに話す(大阪で)」(夜)
B・9/25(日)「ロケットまつり」
D・9/26(月) 「修学旅行だヨ!健'z with Friends LIVE〜 大阪編」
D・9/27(火) 「B&B・島田洋七の笑魂伝承大阪ツアー!!〜ゲスト・麒麟、バッファロー吾郎」
E・9/27(火) 「修学旅行だヨ!健'z with Friends LIVE〜 名古屋編」
D・9/28(水) 「ターザン山本と吉田豪の格闘二人祭り!! 〜大阪興行!ゲスト・新間寿、レイザーラモン」D・9/29(木) 「Webやぎの目ナイト〜ワールドツアー2005・大阪編」
D・9/30(金)「スナック・リリー」SOLD OUT!!
A・9/30(金) 「女子入場無料!友達100人できるかな?〜大阪出会い編」※
E・10/1(土) 「Webやぎの目ナイト〜ワールドツアー2005・名古屋編」
A・10/1(土) 「カリカ家城啓之 トークライブin大阪」
A・10/2(日) 「オールザッツバカ映像!!〜大阪編!!」
B・10/8(土)「オタクアミーゴス 」

D・10/28(金)「オーケンのほほん学校〜大阪編」※(詳細近日発表!)

会場/A=心斎橋クラブジャングル、B=日本橋ジャングル、C=心斎橋B−tripBAR、D=梅田バナナホール、E=名古屋TOKUZO
問い合わせ/A,B,C,D=清水音泉06ー6357ー3666
E=ジェイルハウス052ー936ー6041
A,B,D公演は
チケットぴあ (Pコード:605-223)
ローソンチケット (Lコード:57821)、
e-plus (http://eee.eplus.co.jp/)
にて前売券発売中(※印公演は前売券無し、当日のみ)

E公演は
チケットぴあ (Pコード:605-200)
ローソンチケット (Lコード:47721)
e-plus (http://eee.eplus.co.jp/)
CNプレイガイドにて前売券発売中

2005年09月19日

9/18はるこの秘密2005

約3年振りの桃井はるこさん。プラスワン10周年記念につき開催となりました!特別メニューのいちごカクテルを持ってニッコリ。可愛らしいです。イベント映像等をみて10年を振り返りました。『やってる事変わってないなぁ』と、はるこちゃん談。

2005年09月18日

健 'z with Friends(9/17)

ロフトプラスワンから生まれた奇跡のアコーステイックカバーコーラスバンド、健'zwithFriendsが遂にプラスワンを離れ、鴬谷にある元キャバレーで超渋くてカッコイイ、東京キネマ倶楽部というキャパ500人のデカバコで超満員の中素晴らしいライブをぶちかましてくれました。とにかくプラスワンでしか観た事ないのでオレまでも緊張してたんだが、メンバーはいつも通りな感じで別に特別に構える事もなく、「今日は梅チャーハン炒めてる音とか、カレーライスの匂いとかがステージに届かないので寂しいです」なんて言いながらいつも通りの素晴らしいライブを披露してくれました。この前に書いたロティカの話じゃないけど、健'zwithFriendsも観てていつも“続けていくという事の大切さ”の様なものに気付かされる。健一くんも健太さんもこんな風に大好きなアーティストのカバーを大好きなコーラスとかを入れて唄い演奏する事が子供の頃からの夢だったんだそうだが、それを理解してくれる友達も理解者もなにもいなかったんだそうである。それが今こんなとこで こんな沢山のお客さんを前に披露出来てる事がホント感無量だったようで、“その思いを持ち続けててよかった”としきりに言ってました。 そんな今最高に素晴らしい状態である健'zwith Friendsを連れてLOFT/PLUS ONE 10th Anniversary名阪ツアー行って参ります。9/26(月)大阪梅田バナナホール、27(火)名古屋TOKUZOです!お近くの方は是非! 写真は最後の挨拶シーンで、最近健'z with Friendsの中で天然キャラが完全に定着してしまいつつある健一くんが、お客さんに頭を深々と下げたら、その前にあった椅子の背もたれにやはりちゃんと頭をぶつけてしまったというミラクルを起こした瞬間。

ニューロティカ (9/16)

日本のロックの生き神様、我らがニューロティカの結成21年目にして生まれた大傑作アルバム“DIVEINTOFEEDBACK”の発売を記念してトークライブイベントをやりました。大槻さんがマル秘ゲストで来て会場は大盛り上がりだったんだが、要するに大槻さんは人前でカラオケが唄いたかっただけのようで、いきなりカラオケでフライングキッズの「幸せであるように」を唄ったんだが、みんながそうであるように大槻さんもあのわかりやすいサビしか知らなかったようで、サビ以外の部分は完全な大槻さんのオリジナルみたいな曲になってた。イベントはあっちゃんはまあ又いつもの通り照れ屋さんなので飲まないと喋れないので、途中からやはりベロベロになり始めてしまったが、今回はイベントのテーマも「真剣」だったので、メンバーも凄い気合いで制作したこの“DIVEINTO FEEDBACK”がホントに凄い )大自信作だそうで、凄い嬉しそうにそして真剣に3人ともこのアルバムの事を楽しく語ってくれました。  リリーさんも言ってたが、クリエイティブな仕事をしてる人、していきたい人に一番大切な事は“やめないこと”と言ってた。それって一番しんどい事だけど、最近“やめないこと”“続けること”ってつくづく一番大切な事だよなあと、特にロティカなんか見てるとホントつくづくそうだよなあと思います。    “DIVE INTO FEEDBACK”。オレも今までのロティカのアルバムで一番好きになったホント最高にイイアルバムなので、皆さんも是非買って聴いて見て下さいね。

9/16河本さん家vol.8

ライブ終了後、ゲストのみなさんで記念写真。左からピース綾部さん、ペナルティのワッキーさん、カンニング竹山さん、河本さん、Bコースのタケトさん。竹山さんのスーツ姿が目をひきます。

2005年09月16日

9/15東京ダイナマイト先生vol.5

こちらは二発目のゲストのダイノジのお二人です。この新しい髪型には視線がくぎづけになってしまいました。イメージはキョンシーだと話していました(笑)。

9/15東京ダイナマイト先生vol.5

今回も満員ソールドアウトで行われました。二郎さんの腰も、松葉杖は使ってましたが以前より大分よくなっていたようで安心しました。こちらはゲストのダンプ松本さんとの模様です。ダンプさんはノーメイクだと本当に優しい顔です。

2005年09月14日

エアセッション (9/13)

 この写真はどこかのアングラ前衛劇団の舞台の写真ではありません。最後の出演者全員によるエアセッション、曲はツエッペリンの“ロックンロール”。もう訳わかんねえよ。でも確かにキワモノ芸人コンテストみたいな雰囲気もありましたが、投票でも人気のあった上位の5人位の人はホントレベル高くて、エアギターなれど、これはただバカ笑いだけするジャンルではないなと、なかなか唸るものがありました。これからも応援していきたいジャンルであります。ウチの看板エアアーティスト、宮城マリオは第2位だったが、本人はトップを取るつもりだったらしく、民主党の岡田代表みたいに本気で落ち込んでたのが個人的に笑えた。

エアギターバトル大会( 9/13)

ギャハハハハハハ。エアギターの人のエアプレイ写真撮るのホント楽しい。つうか、誰撮ってもこんな感じで動きが早過ぎてシャッタースピードが全然追い付いてないとこが又可笑しい。そういう訳で、なんと総勢17人のエアアーティストがエントリーしてきて派手に開催されましたエアギターバトル大会。たいした宣伝も出来てなくて、このイベントが口コミ情報だけで満員になったらプラスワンもホンモノだなあ、なんて思ってたらなんと満員になりましたよ。なんかそれが凄く嬉しくて泣きそうになりました、というのはウソで、ステージ見て笑い過ぎで。

2005年09月13日

オサダ・ゼミナールPresents

anji.jpg
オサダ・ゼミナール主催だった長田英吉氏の命日に、オサダ・ゼミナールを受け継ぎ、今も英吉先生の留守番をしているようなかんじと言った言葉が印象的だった長田一美の「縛りのプロローグ」
SMショー、ダンスショー、ショービデオ上映、など盛り沢山。
写真はダンスショーに遅刻した罰を受けるピンクバイブロリータのアンジーちゃんを縛る一美さん。

2005年09月12日

西原理恵子&岩井志麻子 (9/10)

打ち上げの居酒屋にて。イベントのギャラを西原さんに渡したら、西原さん、その場で封筒から現なまをわしずかみで出して、ほとんど数えもせず、岩井さんに「ハイ!志麻子ちゃん、今日のあがり!ご苦労さん!」って、アンタ日雇いの土方の親方か。西原さんこの割烹着のまんまで居酒屋の打ち上げに出てて、しかもスタッフの打ち上げと別のファンの方々の飲み会テーブルの方とかにも行ったり忙しく店を動き回ってたので、他のお客さんにその店の女将かなんかと間違われてて、普通にオーダーとか頼まれてて可笑しかったです。西原さんはビールの飲みっぷりも凄くよく、しかも冷え具合にうるさいが、、それはホントビール個人消費量日本一位の高知県人のビールの飲み方で、オレもオレの家族や地元の男仲間も女友達ももれなくみんな一緒で、見てて「ああ、高知県人だなあ」と思いました。

西原理恵子さん( 9/10)

超プレミアチケットとなってしまい、プラスワンの前に「チケット譲ってください」という紙を掲げた人まで続出するという異常事態まで起こった中、無事開催されました西原さんのトークライブ。西原さんはオレと同じ高知出身で、その高知のアトリエという絵の塾みたいなのにオレは通ってたが、そこの2こ上の先輩でもある。その頃から高校相手に裁判起こして勝訴したりとにかく有名な人であった。写真は西原さんと、マル秘超豪華ゲストで現れた岩井志麻子さんとあの高須クリニックの高須医院長。高須医院長登場の前に整形科医の学会とかで流す用の高須先生自らが整形される手術のビデオ映像を西原さんが面白がって流したんだが、それが顔の皮膚をびりんびりん剥がしたり、顔の肉をグッチャグチヤにほじくり出したりする超ド級スーパーハードコアな映像で女性のお客さんが二人気持ち悪くなって倒れてしまいました。志麻子さんはタイとかで男買ったりとか自分のセックスの話を延々と赤裸々に話し、高須先生は包経とか名器とかの話を延々し、なんだかバリバリな下ネタトー クって感じになってました。

プラスワン大合同コンパ( 9/11)

アメリカ同時多発テロから4年。そして日本が変わるという歴史的な衆院選というとにかく超特別な日に、やっちゃいましたプラスワン大合コン。でも写真ではわからないけど、スクリーンでテレビの開票速報を流しながらみんなで合コンしましたよ。かつてこれ程政治的なコンパがあったでしょうか。この合コンはいつも血液型とか誕生日月とかで席替えしてるが、今回は支持する政党別で席替えしようという事になってたんだが、「公明党を支持するという席の人達にはその後で話しかけづらくなる」という理由でやっぱ止めました。しかし日曜日のしかも大豪雨とかになった日に超満員、女のコも驚く位たっくさん集まってくれてホントに盛り上がりましたが、オレは開票速報で自民党歴史的圧勝という文字を見た瞬間から胸糞悪くなってやけ酒を飲み始めて泥酔してしまい、起きたらプラスワンの楽屋の床、朝6時でした。

2005年09月11日

デッカちゃん( 9/9)

 大人気、深夜月イチレギュラーのカリカのヤッシーのトークライブは前も言ったが、吉本のヤッシーの同期や後輩の芸人さん達が毎回次々と出演して、そして最後にゲームをやって何人かの芸人さんがこのイベントを卒業して、その卒業生が新たに自分の変わりに入れる芸人さんをその場で本人の許可も取らず決めるという、非常にデタラメだが面白い下克上システムをとってるんだが、遂にこの写真のデッカちゃんが卒業する事になった。実は何年も前から吉本のどのイベントをとってもデッカちゃんって気が付いたらいつも居るという感じの存在で、そういう意味では最もプラスワンに出てる芸人さんかも知れないこのデッカちゃん。だから、“必ずいるデッカちゃん”みたいな存在なので個人的にはなんだか凄く寂しい。とか言いながらデッカちゃんには“DJリバティ”という名前でいつもヤッシーイベントの開場、休憩、客出しタイムのDJをやってもらってるので、それは普通にこれからもやりにくるのか。でも芸人さんなのにお笑いイベントにDJだけやりにくるって (笑)。

サルサダンス( 9/9)

 その「くにまるワイドごぜんさま」イベントにサルサダンス日本チャンピオンの加藤剛さんもゲストで来て、超カッコイイサルサダンスを披露して下さいました。オレは常々「一番憧れの仕事はダンサー」と言ってるんだが、実は本気で、たま〜にウチとかで色んなジャンルのダンスパフォーマンスとかを見るといつも羨ましさと尊敬の眼差しでため息つきながら見ている。  今オレがもし高校生とかならきっとなんかダボダボしたカッコしてダンスチームとかやってそうな気がする。つうか今からでもやりゃあイイじゃんねえか。で、他のゲストの方も混じっての大サルサダンス大会になった映像。ああ…踊りたかった。というか、オレらやオレらより全然上の御夫婦とかが加藤さんのサルサダンス教室に沢山通って踊ってるというので、今習いに通おうか本気で悩んでる。

類家明日香ちゃん( 9/9)

ラジオ文化放送で大人気の番組「くにまるワイドごぜんさま」のイベントを開催しました。ゲストが次から次へと出てきましたが、大ブレイクの予感ビンビンの噂の“樽ドル”類家明日香ちゃん。樽ドルとは?ってのを今検索したら、「腰回りのゆったりとしたグラビアアイドルに対する通称。単に樽(たる)とも呼ばれる。 ... 一般にグラビアアイドルはウエストがくびれていることが求められるが、樽ドルはこれと逆にくびれがほとんどない。」と出ました。う〜ん納得。つうか凄い可愛かったっすよ。フォトセッションタイムがありましたが、なんかスタッフのメグも田実もオレも異様に興奮して張切って3人でポラとか写メ撮りまくりました。聞いたら去年の11月にウチでやったペトロ三木さん、三浦和義さん、加藤鷹さんとかが出たイベントで入り口でグラビアアイドルの女のコ達にビキニ姿でルーフトップを配ってもらったんだが、その時配ってくれてたのが明日香ちゃんだったんだそうです。知らなかった!

2005年09月09日

月刊「創」プレゼンツ「メディア・市民・国家」

大勢お客さんがはいりました。大阪からこのためだけにきて、夜行バスで帰るっていってた学生さんバスまにあったかな?(UKU)

●第1部(雑誌論)
P1000740.jpg
左から、花田紀凱氏(『WiLL』編集長)、田原総一朗氏(ジャーナリスト/『オフレコ!』責任編集長)、矢崎泰久氏(『話の特集』元編集長)

●第2部(公安、メディア論)
P1000757.jpg
左から、斎藤貴男氏(ジャーナリスト)、森達也氏(映画監督・作家)、鈴木邦男氏(一水会顧問)

2005年09月08日

人だかり

ついでに。 宮城マリオのエアプレイが始まった途端、道行く人がどんどん立ち止まって宮城を見て立ち尽くしてる所があまりにもおかしかったので。でもみんなそばには絶対寄らないでキャンプファイアー状態のとこが又笑える。

エアギター大会開催!!

サマソニに出たり、TVでレギュラーになったり、最近ひそかにエア業界で有名になってきてる日本で第3位のエアギタリスト(マジ)のウチのロフトシネマの宮城マリオのエアギターパフォーマンスの映像@本日のNAKED LOFT。  Webやぎの目の林くんが宮城の写真を撮ってるのが楽しかったという意味が撮ってみてやっと判った。面白過ぎ。途中からいかに暑苦しいロッカーの画が撮れるかに全力になってる自分に気付いた。 という訳で、密かにクチコミで噂になってきているエアギター&エアバンドイベントの宣伝です。9/13(火)にロフトプラスワンで開催されます。エアミュージシャンもエアオーデイエンスもこの日はマジで何が起こるか判りませんので、是非是非この超バカで超ガチなエアイベントを目撃しに来て下さい!!飛び入りもオッケーですが、もうエントリーしておきたいというエアアーティストは下記の参加者募集要項をチエックしてエントリーして下さい!!


ロフトプラスワン&デジタル飯店presents

「出演者大募集中!!当日飛び入りも可!!第1回全国エアギター&エアーバンドバトル大会・第1予選会!!」

今巷で話題のエアギター&エアバンド!!その全国チャンピオンを我々で決めてしまおうという大バトル大会!!一人でのエアギターはもちろん、スケールアップしてエアバンドでのバトルも大歓迎!!一人超絶パフォーマンスからバンドならではの掛け合いプレイまで感嘆と抱腹絶倒の3時間!!君の目でチャンピオンを決めよう!!優勝者賞品はナント「オリジナルPV制作&ネット配信」!!これはもう見逃せない!!我こそはというエアアーティストは絶対参加せよ!そしてエアファンは絶対必見!!

※出演希望の方/
参加資格:もちろん1人でもOK。6人以上の場合はご相談下さい。
必要項目:(人数・ジャンル・曲名等・連絡先・本大会に参加する意気込み
(担当者電話番号・住所・メールアドレス)を忘れずに明記の上
miyagi@loft-prj.co.jpまでメール下さい。当日の飛び入りも可能です!

エア日時:9/13(火)
エアOpen18:00/エアStart19:00
【エア司会】エアDJ急行
エア前売:¥1800 エア当日:¥2000円(共に飲食別)
エア前売券はロフトプラスワンにてエア発売中!!
エア開場18:00 エア開演19:00
エア場所/新宿エアロフトプラスワン
エアお問い合わせ/エアロフトプラスワン03ー3205ー6864
エアギター&エアーバンドバトル大会HP/http://www.digihan.co.jp/air/pc/

明智伝鬼先生追悼式( 9/6)

明智先生の追悼式に行ってきました。縄師の明智先生らしく祭壇に縄を結んでお供えしていくというやり方でみんな供養しました。亡くなってから少し時間も経ってるので、悲しみも少し和らいではいたんですが、先生の写真の下に、先生がシヨーの時にいつも着ていた先生の一番お気に入りの龍と鷲の刺繍の入ったシャツが置かれていて、それを見た瞬間に、先生との色んな思い出が急にフラッシュバックしてきて、涙がどっと出てきて止まらなくなってしまいました。こういう思い出がいっぱい詰まったものが一番胸にきてしまいます。先生短い間でしたが本当にありがとうございました。天国でも先生がなによりも大好きな縛りをずっとずっと続けて下さい。

9/7第3回太陽様を囲む会

店内でもかなり話題になっていたイベント。今回もやばい位面白かったです!グラスのお酒がローションに変わっていたのにも気付かず、普通に飲んでいた(!)太陽様こと上島竜平さんを囲む、安田さん、有吉さん、山崎さん。いい笑顔です。

2005年09月06日

東京ロンドン化計画(9/2)

朝方、東京ロンドン化計画が終わってから、もう一つのロンドン化が始まる。照明も全部点いた中でお客さんも帰り始める中、オーガナイザーのINAMIXが客出しと称して一人で好き勝手な選曲でDJする“INAMIXナイト”。というか“INAMIXモーニング”誰も知らない昭和初期の流行歌からアニソンまで、ロンドン化とは又違った面白い楽しい選曲をするので、帰りかけたお客さんが又戻ってきて再び踊り出したりするので、そっから又長い時間プレイが続いたりもする非常にユニークな変な時間。でもいつもINAMIXもこの時間がとても楽しそう。

2005年09月03日

辛酸なめ子さん( 9/2)

超満員御礼で開催されました辛酸なめ子さんのガーリーナイト。なめ子さんが撮りだめてきた様々な写真を見せてくれたんですが、「これは相田みつをバスツアーに行った時の写真で…」とか「これは五月みどりの個展に行った時の写真で…」とか、もう写真見せる前からつかんでるというか、見せる前にすでに爆笑をとってました。写真はゲストできた中村うさぎさんとの2ショット。中村さんは最近雑誌の企画でホテトル嬢をやってたんだそうです。ブッ飛んでるなあ。

2005年09月02日

大阪2

という訳で、まだ大阪にいてます。プロモーションでラジオにも出させて頂きました。写真はDJのアイクルさんとクラブジャングルのオーナーでもあるPJさん。fm osakaの9/5のミッドナイトジャングルという番組で流れますんで関西の方はよかったらチェックして下さい。 普段はなんも考えずに日々毎日イベントをこなしてるわけだが、こうやってラジオとかのマスな場所に出ていざ「ロフトプラスワンってどんな店でどんなイベントやってるの?」と聞かれると、いかにウチが変な店で変なイベントばっかやってるのかに喋ってて客観的に気付かされる。 DJ「このマンゾクナイトってどんなイベントなんですか? オレ「人気風俗嬢達が出てきて……スイマセン、これ以上は多分放送では言えません。」 DJ「この出会い系居酒屋“友達100人できるかな?”ってどんな事やってるんですか?」 オレ「……………。」 自分は説明しづらい店で説明しづらいイベントをやってるんだと言う事を痛感させられました。

2005年09月01日

8/28オーケンのほほん学校62時間目!

もう一枚放課後から。ロリータのマーちゃんがヤングスの面々に写メールを撮られまくってる所。囲まれてる感じがおかしいです(笑)。

8/28オーケンのほほん学校62時間目!

放課後の様子。なんと出演者みんなでカラオケ大会となりました!こちらはヤングスが筋少を唄い、大槻さんが『じゃ、ご本人と一緒で』と二人で唄っている所。かなり楽しそうです。

8/22リスペクタブル・ルースターズvol.5

5回目にしてついに大江慎也さんをお迎えしました。登場した時、会場中の緊張感が伝わりました。途中ギターに合わせて唄う大江さん。目に力がものすごくある人です。貴重な体験ができ感激なイベントでした。