« カルカル軍団阿佐ヶ谷ロフト襲撃! | メイン | 社会派トークライブハウスです »

2008年06月23日

ピースボートで世界一周クルーズ船に乗ることにした。


ふむ、結構長いことこのブログが更新されていないな。
ブッキング締め切り間近でみんな忙しいのかな?
書くこと、情報を伝達することの楽しさを忘れてしまってはダメだよ。
特にテツオ店長はその昔「ライター」志望ではなかったのか?

IMG_2390-01.jpg

<変わってしまった阿佐ヶ谷ロフトのレジ・べべのかわゆい顔が見えないでないか?おいらの自慢の
ピストルもなくなっている。テッチャンたのむよ〜>


今年8月のピースボートに乗船することにして、一昨日150万の
乗船料(予約金か?)を払い込んだ。

104日間の世界一周の船の旅をすることになる。


昨日今年8月に出航するピースボート世界一周クルーズの説明会に行ってきた。

な、なんと、参加者の6割以上は女性なのだ。100日以上船内という空間に押し込まれた
男女(多分ばばあとじじいが多いはずだ)があってどういうドラマが始まるか、
わたしゃ、熟女好みだから嬉しい限りだ。(笑)

これはお金では買えない。地獄か天国か?

基本航海料150万円が高いか安いか?

IMG_2391-01.jpg
<これがピンク、いやもとい、ピースボートのパンフだ>

100日以上の航海で、三食色々付きだから、時間を気にしなければ、私の東京での一日の
遊興費以下である。
老後の資金をとり崩せばたいした金額ではない。
何しろ私らは高度経済成長時代にばっちり稼いだし。

もし、海外旅行して、目的地までの航空券や交通費、食事代諸々を考えたら、こんな費用ではす
まないはずだ。


過去世界中を旅した私にとっては「安い」凄く安いと思うんだ。
勿論目的地の飛行場に降りてパスポートコントロールやホテルを探したり、ビザ申請とか食事とか?
そんなこと若かったら全て新鮮で全部自分でやることに生き甲斐を持ったりするもんだが、

勿論若いときはそう言うツアーの旅はバカにしていたけど
老いらくの身で会社からもご用済みとなった今、私にはこんな便利な事はない。
どこに行くのでもツアーがあって自分ではなにもしなくってもコンダクターが連れて行ってくれるのだ。

このツアー、なんだかんだツアーオプションを入れるとあと100
万ぐらいかかりそうだが、まあいいとした。

ネットで調べると左翼洗脳船だだとかピンクボートだとか、ネット右翼の攻撃にさらされて
いるが、「左翼船」「ピンクボート」結構じゃないのって思うんだ。

わたしゃ、ちゃんと自らが動けるのは後10年と思っている。
その時には私は73歳になる。

動くのは今しかないと思った。


もう20年数年も前、私は世界中を放浪していた。
訪れて体験してみたい国はたくさんあった。
今までに一応自分が納得して訪れた国は100カ国近くになる。

しかし、今だ行きそびれた国や地域はたくさんある。

私が死ぬまでに一度行きたかったが行くことが出来ないでいた
いくつかの名所?に「ギアナ高地」と「イースター島」「マチピュ
チ」がある。

過去なぜかいろいろな理由で行くことが出来なかった所だ。

IMG_2393-01.jpg
<すごいんだよ、スエズ運河もパナマ運河も通るんだ。>

これから少し英語とスペイン語勉強しょうかと思っている。

英語は思い出せてもスペイン語はどうかな?
一時はスペイン語はそうとう出来たのに、もう20年も使っていない。(ドミニカ共和国に
5年も住んで日本レストランとか貿易をやっていた)


もう昔みたいに背負子背負ってホテル探しから出入国を全部自分で
するパッカーとしての体力や能力は私にはない。

そのことを友達の森達也に話したら彼は「水先案内人」として乗り込むらしい。
面白くなってきたかな ?

本当は私が乗ることをピースボート事務局に知られたくないのだが
まっ、いいか?

まさか平野さんは絶対何か問題起こすから、乗らないでくれって
言われたりはしないだろうけど、反戦運動でピースボート系の連中
の知り合いは多い。

船に乗ったらどこぞの雑誌に書くかしたいと思うな。