« 2008年05月 | メイン | 2008年07月 »

2008年06月23日

ピースボートで世界一周クルーズ船に乗ることにした。


ふむ、結構長いことこのブログが更新されていないな。
ブッキング締め切り間近でみんな忙しいのかな?
書くこと、情報を伝達することの楽しさを忘れてしまってはダメだよ。
特にテツオ店長はその昔「ライター」志望ではなかったのか?

IMG_2390-01.jpg

<変わってしまった阿佐ヶ谷ロフトのレジ・べべのかわゆい顔が見えないでないか?おいらの自慢の
ピストルもなくなっている。テッチャンたのむよ〜>


今年8月のピースボートに乗船することにして、一昨日150万の
乗船料(予約金か?)を払い込んだ。

104日間の世界一周の船の旅をすることになる。


昨日今年8月に出航するピースボート世界一周クルーズの説明会に行ってきた。

な、なんと、参加者の6割以上は女性なのだ。100日以上船内という空間に押し込まれた
男女(多分ばばあとじじいが多いはずだ)があってどういうドラマが始まるか、
わたしゃ、熟女好みだから嬉しい限りだ。(笑)

これはお金では買えない。地獄か天国か?

基本航海料150万円が高いか安いか?

IMG_2391-01.jpg
<これがピンク、いやもとい、ピースボートのパンフだ>

100日以上の航海で、三食色々付きだから、時間を気にしなければ、私の東京での一日の
遊興費以下である。
老後の資金をとり崩せばたいした金額ではない。
何しろ私らは高度経済成長時代にばっちり稼いだし。

もし、海外旅行して、目的地までの航空券や交通費、食事代諸々を考えたら、こんな費用ではす
まないはずだ。


過去世界中を旅した私にとっては「安い」凄く安いと思うんだ。
勿論目的地の飛行場に降りてパスポートコントロールやホテルを探したり、ビザ申請とか食事とか?
そんなこと若かったら全て新鮮で全部自分でやることに生き甲斐を持ったりするもんだが、

勿論若いときはそう言うツアーの旅はバカにしていたけど
老いらくの身で会社からもご用済みとなった今、私にはこんな便利な事はない。
どこに行くのでもツアーがあって自分ではなにもしなくってもコンダクターが連れて行ってくれるのだ。

このツアー、なんだかんだツアーオプションを入れるとあと100
万ぐらいかかりそうだが、まあいいとした。

ネットで調べると左翼洗脳船だだとかピンクボートだとか、ネット右翼の攻撃にさらされて
いるが、「左翼船」「ピンクボート」結構じゃないのって思うんだ。

わたしゃ、ちゃんと自らが動けるのは後10年と思っている。
その時には私は73歳になる。

動くのは今しかないと思った。


もう20年数年も前、私は世界中を放浪していた。
訪れて体験してみたい国はたくさんあった。
今までに一応自分が納得して訪れた国は100カ国近くになる。

しかし、今だ行きそびれた国や地域はたくさんある。

私が死ぬまでに一度行きたかったが行くことが出来ないでいた
いくつかの名所?に「ギアナ高地」と「イースター島」「マチピュ
チ」がある。

過去なぜかいろいろな理由で行くことが出来なかった所だ。

IMG_2393-01.jpg
<すごいんだよ、スエズ運河もパナマ運河も通るんだ。>

これから少し英語とスペイン語勉強しょうかと思っている。

英語は思い出せてもスペイン語はどうかな?
一時はスペイン語はそうとう出来たのに、もう20年も使っていない。(ドミニカ共和国に
5年も住んで日本レストランとか貿易をやっていた)


もう昔みたいに背負子背負ってホテル探しから出入国を全部自分で
するパッカーとしての体力や能力は私にはない。

そのことを友達の森達也に話したら彼は「水先案内人」として乗り込むらしい。
面白くなってきたかな ?

本当は私が乗ることをピースボート事務局に知られたくないのだが
まっ、いいか?

まさか平野さんは絶対何か問題起こすから、乗らないでくれって
言われたりはしないだろうけど、反戦運動でピースボート系の連中
の知り合いは多い。

船に乗ったらどこぞの雑誌に書くかしたいと思うな。

2008年06月08日

カルカル軍団阿佐ヶ谷ロフト襲撃!

久しぶりに阿佐ヶ谷ロフト元居候の平野が書くよ。


IMG_2312-01.jpg
<伝説のプロジューサーシンスケ横山氏と記念撮影をした。奴はまだロフトに多くの女性フアンを持っている
のがしゃくに障る>

6月6日。「きんたま空間VOL2」というへんてこな全くくだらないイベントにシンスケ横山を筆頭にテリー植田
等々のカルカルスタッフが押し寄せた。

「すわ〜今やお台場方面で天下を取る(笑)トークライブハウスカルチャーカルチャーの襲撃か?」

とばかり
阿佐ヶ谷ロフト店長テツオ初め阿佐ヶ谷のスタッフは緊張が走った。

当日の企画はプラスワン店長(元阿佐ヶ谷遊撃隊長)ウクレレの企画らしい。

なんと言っても、カルカルと言えばあのIT企業の大御所ニフティ直系(親元は富士通)のライブハウスだ。

シンスケ横山がプラスワン店長を辞め電撃ロフト退社してから、もう3年にもなるか?

それ以降シンスケ横山はなにやらニフティをだまくらかして

「これからの時代は、ネットを含めあらゆるソフトは、自らの会社が制作するのが基本だ。今のほとん
どのit企業は自らがソフトを生産せず、ただお金にものを言わせて他のコンテンツ会社から買い取れば
いいと言う発想は捨てるべきだ。それではいいものは出来ない」(す、素晴らしい)

という企画書を出したかどうか知らないが、その珠玉の企画書がニフティ上層部のお偉方を動かし

「キミの言うことはもっともだ。我が社でもソフトを生産する現場を作ろう。お金はある(笑)」

と社長が言ったかどうか知らないが、お台場という一等地?にトーク専門のライブハウスが出来たのが
昨年の8月だ。

し、しかし、ニフティ会社はロフトグループとは違って一部上場会社であり、社会的なメンツもいわゆる常識もある。

IMG_2324-01.jpg

<左が元2チャンネル立ち上げ人、山本一郎氏、大塚よしはる氏(音楽ライター)>
ロフトみたいに

「まあ、いつ潰れてもいいからとにかく面白いことをやろう。殴り込み、脅迫、警察介入も恐れない」

と言った捨て身の企画は多分全部上層部に潰されるのだろうか?
その前にプロジューサーが自己規制してしまうのかはわからんけれど、
やはり加藤鷹とか右翼を150人集めるとか左翼とかSMイベントなんぞ出来るわけがない。

カルカルも右翼の街宣を恐れて靖国映画を上映できなかった映画館みたいなものなんだろう?

当日のイベントも本当にくだらなく2時間
「オナニー」
の話ばかり。珠玉はきんたま先生の
「出産シーン」
だったがそれ以外は私ですらあほくさくなって場外に出たくらいのイベントなのだが、なんとそこに、
いつの間にかシンスケ横山がステージで、自分のオナニー話をし始めたのびっくり。内容も

「お願いだからブログに書かないで!」

の連発のやばい発言ばかり。

詰まるところシンスケ軍団は、自らの空間では出来ないこういった

「やばイベント」

に来て、うっぷんを晴らしに来ただけなのだと言うことを理解した。

IMG_2317-01.jpg

<なんとシンスケ氏の親友、バカ映像の急行も応援に、後ろは今日の企画者ウクレレ
(現ロフトプラスワン店長>

もう深夜になってのシンスケはなにか吹っ切れたような明るい表情になっていたし、居合わせた
テリー植田やあの太ったスタッフ(厨房責任者?)に業務指示を出していたのが印象的だったな。

わたしゃ、シンスケに

「出来たらロフトを丸ごと買ってくれ。出来たら俺も含めてニフティの社員になりたい。絶対いい仕
事するから、そう社長に言っておいてくれ」

ってシンスケに懇願したが、伝えてくれるのかな?心配だにゃ〜

2008年06月06日

ロフトエー第一回カクテル選手権!

 先日ロフトエースタッフによる第一回カクテル選手権を行いました!スタッフ同士がネーミング・見た目のきれいさ・味を総合的に審査。
 総勢13作品の中、栄えある優勝に輝いたのはこちら!

06040001.jpg
「スミレジェンヌ」byべべ

 淡い紫色が美しく、レモンがきいたさわやかカクテルです。


 ほかにも、味審査での得点は負けたものの、ネーミングの派手さで同率一位を勝ち取った

「マリッジブルーフィーバー」
(こだまっち作のレモンティー風カクテル。実は知り合いの前のバンド名…)、

 ネーミングの微妙さで惜しくも優勝を逃したものの、味部門では1位、2位をとった

「私まだハタチです」
(byべべ。名前が未定だったためみんなで勝手にダサい名前をつけたという運の悪い子。やや甘口でおいしいです!)

 と

「イヨカシ」
(byりえぽん。いよかんの風味がめずらしい愛媛っこ。)

 を今日からバーでお出ししています!6月の限定カクテルなのでぜひお試しください。

 今回負けたカクテルも考案したスタッフがいる日なら作ってもらえるかもしれませんよ…。

<敗北カクテル一覧>
 「夜明けの憂鬱」 「サンセットビーチ」 byむぎ
 「六月の花嫁」 byこだまっち
 「ジューンブライド」 「ブルーパール」 byやま
 「ファンキーセンセーショナル」 「あさのひととき」 byイセ
 「スパーク店長」 by店長
 「いよっと」 by リエぽん

2008年06月01日

新人・伊勢 と 仲野茂邸訪問!

こんばんわ、スタッフのQです。
今日、ものすごく寒いね・・・わたしゃもう冬には戻れねーよ!むしろ夏まっしぐら待ちどうしいってのに。
雨が降っていても、阿佐ヶ谷ロフトAには傘いらずでこれます。駅から。
・・・嘘です、ちょっとぬれます実際。横断歩道があるからね。

遊撃隊長ことウクさんが歌舞伎町へ行ったり、ロフトAの断トツアイドル・さちこが下北沢へ行ったり・・・入れ替わりが少し激しかったロフトAですが。ここで満を持して、新人スタッフ・伊勢を紹介しまっす!!

0519.bmp
伊勢ちゃんとやま(または、けんと)

伊勢ちゃんのコメント
『このたび旗上げをしたイーグルこと伊勢 茜です。
 これから宜しくおねがい致します。
 信長、信長~。』

TOKYO NO.1 SOUL SET、そしてハナレグミが大好きだ!という彼女。北海道は旭川出身、ジャージと帽子がトレードマーク。(店内ではきてないけど)
みなさん、伊勢ちゃんをよろしくでございます★


ところで、わたくしQは一昨日山梨に店長と行ってきました。・・・二人旅!?ぎゃー!!
な・な・なんと、阿佐ヶ谷ロフトAではアコギなSSでお馴染、仲野茂さん(アナーキー)のご自宅に御呼ばれしてしまいました!!わおー!!なかなかないですよ、ご自宅にお邪魔するなんて・・・ロフトで働いてる冥利に尽きるねぇ・・と、店長としみじみ。

前回のアコギなSSのときの打ち上げではじめて聞いたのですが、茂さんの趣味はなんと乗馬!アナーキーと乗馬・・なかなか結びつきませんよね。今回の訪問では、茂さんが行かれている乗馬クラブに案内してもらい、乗馬こそ悪天候だったためできませんでしたが普段馬とふれあう機会なんてないに等しいので本当に貴重な時間でした・・!
なぜこのことをブログに書きたかったかというと、次回のアコギなSS、”アコギなSS & エンドュランス(乗馬の競技の一種)”なのです!
茂さんと親しいエンドュランスの選手をゲストに迎え、映像とスライドをまじえたトークとなる予定。日にちはおってスケジュールの方で発表していきます!お楽しみに♪

0529.bmp
可愛がっているアルタイルくんと散歩する茂さん。茂さん曰く、「こいつはパッパラパーなところがかわいい。」とのこと。笑 馬の扱いは慣れたものでその姿はかっこよかったです。

茂さんおすすめ、吉田うどん、最高でした!!