« 2007年11月 | メイン | 2008年01月 »

2007年12月28日

どうなる?どうする12月30日

IMG_1580-01.jpg

今年9月のテナント契約からもう怒濤の3ヶ月が過ぎようとしている。
それでね、阿佐ヶ谷ロフトの年末なんだけど、本当は30日、31日は普通の会社並みに休業しょうかと思って
いたんだ。だって、スタッフもみんな疲れているし、おいらもとても疲れているからさ。

でもね、わたしゃ、ロフトの社長から言われたね。
「悠さん、ロフトの各店舗は31日のカウントダウンやって、元日の朝、みんなで初詣なんか行って
それで正月を迎えるのが、35年のロフトの歴史なんですよ。僕もロフトに入って20数年、年末休んだ記憶がな「いですよ」
「そうかい、それは大変だったね。長いことご苦労様」
「・・でね、確かに阿佐ヶ谷ロフトの面々が疲れていることは承知だけど、やはり年末休むのは、他店の手前
まずいんじゃないかと・・・」
「そうか?しょうがないな?では、大晦日ぐらい休ましてくれよ」
「しょうがないですね?」と社長は困り果てていたな。

・・・と言うことで31日はお休みと言うことになったんだけど、さて急遽やることになった12月30日、何をするか?阿佐ヶ谷ロフト大忘年会なんて言っていても、開店して一ヶ月、まだ常連客も固まっていないのに、一体誰が来るというのかね?」ってテツオ店長とかウクさんに言ったら、色々な「地下芸人」を必死こいて集めてくれた。

だから結構面白い日になるかも?

入場無料、ドリンクだけと言う事なんだけど、これを読んだみんなは是非遊びに来て欲しい。
何が起こるかわからないよ・・・?

私も、それから、美人揃いのスタッフも張り切って待っているからね?
「お持ち帰り可能か?」(笑)
キャバクラじゃないって言うの?
IMG_1578-01.jpg


まあ、それにしても12月の一ヶ月間は8割がソールドアウト、良くお客さんが入った。
来年一月は地味なスケジュールで怖いな。

開店当初ってスタッフはなれていないし、音も、料理も一定していない。
安定しているのはビールだけか?
初めて起こるトラブルだらけ。

IMG_1580-01.jpg

わたしゃ、店にいてもうあせりまくっていて「これではどんどんお客さんを減らしているだけじゃないか?」
なんて思っていたけど、
今ではみんなそれなりに成長して、何とかちゃんと対応できるようになったのが一番うれしいな。

30日、来てくださいね。お願い。

もしお客さんが少なかったら、みんなで輪になって、スタッフと一緒に飲もうよ。
スタッフと知り合いになると、コネが出来て、ソールドアウトの日でもチケットゲット出来るし?
本当かな?

2007年12月23日

高円寺「素人の乱」と冬至とゆず湯。

高円寺の英雄?(笑)松本哉さんのドイツの帰国報告会でドイツの反権力暴徒?の話を聞いていて、もうこんな話に興奮する年でもないな?なんて思って、熱気あふれる阿佐ヶ谷ロフトーAを後にして、かめよんと丸の内線まで歩いて、新宿に出ていつもの銭湯に向かう。

今日は雨降りだから自転車ではない。

IMG_1569-01.jpg

雨が激しく降っている。雪になったら大きな露天風呂のある高井戸のスーパー銭湯「美しの湯」に行くつもりだったが、残念ながら雪はちらつきもしなかった。ついに昨年も東京にはゆきは降らなかった。

こういうときは深夜バスに飛び乗って、北国に行くのだが
・・・今年はそれが出来そうもない。

「俺は雪が大好き。深々と降る雪の都会の歩道を歩くのが大好きなのだ!」


激しく降る雨に

「俺は雪を待っているんだ。今日は冬至だ。だから雪よふれ!」

となんの脈絡もなく空に向かって叫んでみた。


IMG_0899-01.jpg

やっとの思いで着いた銭湯はガラガラだった。
時刻は深夜12時近くになっていた。

誰もいない深夜の銭湯に「ゆず」のたくさん入った袋が情けなそうに浮かんでいた。

黄色い色をしたゆず湯に首まで浸かって
ゆずの袋からしなびた一個を取り出してみたら今自分が一番好きな女の顔に似ていた。

今更恋だなんて・・・苦笑した。

ゆず湯なのに客がいない。

ここでも東京の長く続いている伝統文化の崩壊を見る思いだった。

昔はゆず湯と菖蒲湯は銭湯のお祭り行事で、それは店主がミカン配ったり手ぬぐいくれたりしたものだが
・・・。

そのゆずをつぶながら、この怒濤の阿佐ヶ谷ロフト制作と、オープンしてからの今日までを振り返っていた。
そしてこれからの阿佐ヶ谷ロフトはどこに行こうとしているのか?

残念ながら私は、この空間は、テツオやウクレレ、そして成長著しい、佐々木や児玉にゆだねるしかないと心から思った。

そう、もう60を過ぎたオヤジが仕切る空間ではないと思った。

ぬるいゆず湯に何分浸かっていただろうか?

帰り際、銭湯の若旦那からお祝いの「ヤクルト」を渡されたが、「今ダイエット中で、一切の間食はやめにしている」って断った。


12月31日は夜10時で銭湯はおわるんだと
うっ〜許せない!!!

2007年12月21日

本日はプロ野球ナイト

12.21 pickup

 ユニフォーム着用の方は500円引きです!


 
baseball-cat.jpg
 今日の猫。
(転載元:http://www.thefunnycats.com/

2007年12月17日

連日にぎわい!

こんにちわ、スタッフのQです。
連日、多岐にわたるソールドアウト公演が続いています!
内容ももちろんだけど、イベントごと、お客さんの色が違うのもおもしろい!

太鼓.jpg

ちょこっと店内紹介。
阿佐ヶ谷ロフトAには、なんとステージ上に、太鼓があります!
かなり立派な!
こういう、なんであるんだろ?みたいところ最高です。プラスワンにはドラがあったような記憶があるんだけど・・あれ、合ってるかしら??
怒髪天の日には、リハの時点で祭囃子が聞こえておりました。

bar時計.jpg

こちらはロフト名物の時計~!
バー側にあるもの。
ロフトの歴史がびっしり書かれてる。

ぜひ、一度、いらしてその眼で確かめてくださいませ。

いけめん.jpg

こちら、うちのイケメン達でございます。
セクシー野村、あんど、イリサワユウト from岩手
掃除中につき、写真にかまってくれませぬ。

ジャージ.jpg

昨晩のイベント「オールザッツバカ映像」のDJ急行さんから、ジャージの置き土産をいただきました!もう一枚、Tシャツは阿佐ヶ谷スタッフ・生意気サチコがいただきました!
ありがとうございます!!
いやーとにかく昨日のバカ映像は始終爆笑が絶えなくてすごかったな。

今晩もソールドアウト公演ですが、バーは20時から営業しています。

オープン記念、100円で入れられる焼酎ボトルもまだありますし・・・ご来店お待ちしてます★

2007年12月16日

12/15 24時間耐久アニソン1000曲メドレー

♪1曲目はこの人から!超パワフルなMIQ姉。
IMG_0369.JPG

♪個人的にとっても懐かしかったアニメのテーマソング。
IMG_0374.JPG

♪シークレットゲスト第二弾&第三弾は「デリンジャー」の刀根麻理子さんと漫画家にわのまことさん!
IMG_0385.JPG

♪ついに犠牲者その1。
12160001.jpg
 燃え尽きとる。

♪朝の4時です。16時のスタートからすでに12時間。やっと半分の折り返し地点。
12160005.jpg
まだまだいけますぜ。
12160005.jpg
店員もまだまだいけますぜ。

♪犠牲者その2。
12160007.jpg
 店長。

(こだま)

2007年12月15日

阿佐ヶ谷居候平野悠のブッキング日誌。

やはり阿佐ヶ谷ロフトの12月スケジュールは凄い。

当然私は毎日阿佐ヶ谷にいて、開店祝いもかねて出演してくれた面々に、
ちゃんと頭を下げてお礼を言わなければならないのに、
昨日は風邪気味でこけた。

IMG_1546-01.jpg

怒髪の増子さん(荻窪在住)を楽屋で盗撮!

17日から、年末までのメンツは凄いな。
みうらじゅんさんと根本軍団(馬鹿対幻の名盤解放同盟)は根本さんが異常に張り切っているので
どうなる事やら・・・・30数年の怨念(笑)の戦いか?

18日、かの有名なオウム騒動からテレビ系のコメンテーターである二木さんは私の30数年の友人だ。水俣、三里塚にこだわって来た大宅賞作家吉田司はどんな論陣を張るかは最大の楽しみだ。ゲストもあるはず。

19日サエキさんに電話して「ゲンズブルー」やろうよと言ったら「ロフトはギャラが安いから嫌だ」と言われ
でもさ〜長い付き合い、「やろうよ〜、客なんか入らなくってもいからさ〜」
「冗談じゃない、客は入れてみせる?」と強気のサエキさんは、緒川たまきを持ってきた。

20日、保坂議員の秘書大久保さんに「川田龍平氏と何かやってよ」と言った所、衆議院解散含みで、結構難しいよと言っていたが、何とか実現した。それも現役議員3人と迎え撃つは学生集団だ。今の学生集団の程度はいかに?

21日はプラスワンから持ってきた人気家ベントだ。

22日、あの高円寺の反乱児、松本哉の素人の乱の映画は絶対ぶっ飛ぶぞ。面白い。

23日、枡野浩一さんと吉田豪さん・・・・豪ちゃんは、調べ物マニアだ。どんな映像や記事を持ってくるのか?
先日の切通さんのイベントで会った。
「枡のさん、結婚ってくっつくときは簡単だけど、別れるって大変な作業だよね」ってふったら、「ニャ」っと指された。

今、1月のブッキングをしている。
12月がこれだけ豪華だと、1月のブッキングつらい。

第一もう私がブッキングする時代ではないと思っている。

ブッキングしてくれる人募集です。

プラスワンは外部ブッカーを沢山抱えている。
阿佐ヶ谷も早くそうしなければ・・・。


黄色と黒は勇気のしるし

 いよいよ10時間後には始まってしまいます。

12.15(Sat) おたく酒presents
<24時間耐久アニソン1000曲メドレー2007~発動編~>
12.15 pickup
キムラケイサク(映像作家)
ひのき一志(漫画家)
豪華ゲストあり!!

OPEN 15:30 / START 16:00→翌16:00
前売 ¥3,000 / 当日 ¥3,500(共に飲食代別)


 はい24時間戦えますがなにか?
 (場内ではリゲ○ンは販売いたしておりません。)

2007年12月11日

はじめまして、スタッフのQです!

ネオン.jpg

はじめまして、阿佐ヶ谷ロフトAでスタッフをしております、星野ことQといいます。
Qちゃんと呼んでください!
お酒大好き、気さくに話しかけてくださいませ。

おもにキッチン担当しています。
実はここで働き始めるまで、料理はほとんどしない女子だったのですが、料理し始めてはまっております。
料理楽しい!
基本ポジティブシンキングなので、私センスあるなぁ~とますますやる気が出ております。

ごはんメニューについて、うまい!まずい!等ぜひご意見くださいませ。
ナシゴレンについては、悠さんになかなかうまいとお言葉をいただきまして。(やりましたね、児玉さん!)
私のおすすめは、スパニッシュオムレツと、チーズたっぷりきのこ丼です!ご賞味あれ。

スパオム.jpg

スパニッシュオムレツ!
フライパンで作るので、こんな迫力。
ジャガイモ入りなので、意外とボリュームありますよ。

恋ばな.jpg

BARにて。
高円寺のゆみちゃん、LOFT事務スタッフの伊勢ちゃん、そしてキッチン仲間阿佐ヶ谷ロフトAの金枝氏。


バリヤフリー設置とその採算性と資本の論理?

阿佐ヶ谷ロフトのコンセプトは
「絶望から希望に」だ!

IMG_1464-01.jpg

こんなテーマ掲げるライブハウスってあったかな?

みんな「月見る〜」かとかなんかメルヘンチックな名付けがはやっているみたいだけど
見よ!

この山田玲二の絵画を・・・・。

昨日石坂啓(漫画家)がやってきて、やまれい、頑張っているよね。
やまれい、がここに書いてくれたのがとてもうれしい。

この店漫画家を沢山連れてくるね・・・って帰って行った。


さて本題は・・・。

阿佐ヶ谷ロフト建設の際は断固今当然のリヤフリーにするぞって張
り切っていて、だからトイレは大胆に広くした。(当たり前?)。

クマシノの協力で、資料も取り寄せて
いろいろ研究もした。

ロフトは身障者には優しい店だという評判があるのも私の背中を強く押した。
やる気満々だった。

阿佐ヶ谷ロフトにはエレベーターがなく、場所は地下一階なのだ。地下通路もそれほど広くない。
昇降機をつけるには相当な場所を使う。

杉並区にはそのための補助制度はないと聞いた。

でも断固やらねばと思っているんだが、し、しかし、
今まで「今から車いすで行くぞ!」と来てくれたのはクマシノ御大だけ?


まだ昇降機(7〜80万はする)が出来ていないので、男二人で
担いだ。

「結局はバリヤフリー、使うのは常連のクマシノだけか?」

今、ビルオーナーと交渉中なのだが、階段は共有スペースのため
交渉は難航している?この階段を使うのは私の店だけではない。
勿論オーナーから金が出るわけない。エレベーターを設置してくれる訳がない。

この問題にいまいち、熱心になれないのは、バリヤフリーを必要と
するお客さんはこの阿佐ヶ谷ロフトではまだ少なすぎる?

もう少し、車イスの人たちが来てくれれえれば、私たちにも、従業
員にもプレッシャーがかかってなんとか「昇降機つけましょう」という
話になるのだが・・・・。

何となく、
月にクマシノが来るのは3〜2度(多分)のこと、昇降機取り付け
に100万以上かかるなら、バイトを動員して「担いじゃえば」と
思ったりしている。

そんなことを理由にまだ完全バリヤフリー計画をさぼっている。

こういうのを資本家の横暴というのだろう?

何とかホール内での分煙化は成功したが?

どこか情けない気持ちで一杯だ。

だから、今日「国境なき医師団」の賛助会員に応募した。(罪滅ぼしか?)
月3000円。クレジットカードから引き落とされる。

ドラえもん募金も気が向くとやっているよ。

そんなもんいくらやっても、免罪符にはならんか?


本日のイベント

12.11(Tue) Asagaya Loft A月例企画 勝負師シリーズVol,1
<勝負、勝負>
12.11 pickup
下平憲治(日本バックギャモン協会代表)
先崎学(日本将棋連盟棋士八段)
弦巻勝(写真家)

OPEN 18:30 / START 19:30
前売 ¥2,000 / 当日 ¥2,500(共に飲食代別)

ある時、非日常的な何かに魅せられ、日常を逸脱した苦労と闘いの人生から現実を確立させた各界の著名人をお招きして聞く人生論。

勝負とは?仲間とは?
コミュニティ崩壊寸前の混沌とした日本社会に僕たちは生きる道筋を見つけられるだろうか?


 Asagaya/Loft Aの新機軸イベントです!人生の勝負を考えている方はぜひ生の勝負師の話を聞きにいらしてください!

2007年12月09日

オープン一週間目のポカ。

なんとも、あっという間に怒濤の開店してから7日間が過ぎた。

IMG_1535-01.jpg

まあ、1年ぐらいは赤字でもいいやって言う気楽な気持ちではいるんだけれど、やはりお客が少ないと、どうも喜べなくって、そんな日はどうもうつむき加減でアーケード街の人道りを眺めて、ため息なんかついたりしている毎日だ。

一番うれしいのはお客さんがたくさん入ってくれて、出演者がうれしそうにトークしているのを見ると
「ああ、このイベントをやって良かった」と思える瞬間がスタッフとしては一番うれしい。

昨日はついに私自身がポカをやってしまった。
この道35年のプロフェッショナルを自認する私がやってしまったのだ。

今日のパネラーの一人、栗本慎一郎(元衆議院議員)さんが時間になっても来ない。
今日に限って携帯電話もつながらない。7時半開演時間が過ぎた。
宮崎学さん三上治さんはもう控え室に入っている。

栗本さんの連絡役を三上さんに任せておいた私が悪かったのだ。
昨日私は三上さんと宮崎さんには電話は入れておいたのだが・・・。
栗本さんは三上さんがやっているはずだった。

7時半、開演の前振りをやって、トークは宮崎さんと三上さんに任せて私はアーケードに出て
もしかして道に迷っているのではないかと通りを眺めながら何度も携帯電話をかける。

7時40分、やっと電話が繋がった。
「栗本さんですか?今どこにいるんですか?」
「えっ、ロフトの平野さん?なにか?」
「あの、今日、阿佐ヶ谷ロフトのご出演日なんですが?」
「えっ、今日だっけ?俺は今静岡にいるんだ。ついさっきまで自動車を運転していたんで出られなかった。そう言えばそんな話きいたな〜」

私の電話を持つ手が震えた。
そして私は覚悟した。
3人のパネラーの一人は欠席になったのだ。

何とも10数年ぶりのブッキングボカである。

「もし納得できないお客さんがいれば、入場料は全額お返しします」と私はステージから言った。
会場のお客さんには何度も詫びを入れてビールかソフトドリンクを無料にし、ボトル券100円で
配ってみんなの許しを得た。

それにしてもこういう事を私がやってしまったと言うことは、何とも情けない。
後味が悪い。

だからトークもいまいち低調だった。

皆さんどうもすいません。

今日は土曜日、阿佐ヶ谷ロフトはプラスワン斉藤プロジューサーの看板番組「ロケット祭り」だ。

私は断固、一日全日休むことにした。
3ヶ月ぶりの完全休暇である。(まだ阿佐ヶ谷スタッフは誰も一回も休んでいないというのに?)

朝から今はまっている「FF-2」を何も考えず10時間もやっていたら、今の時間になった。(笑)

そうだよな〜仕事、仕事、、、やってられないよなぁ〜

2007年12月06日

日々レポ

 面白い写真を撮ったのに載せるのを忘れていました。

12040002.jpg
 店長と副店長の確執!

 数週間前までただのコンクリートだったお店が有機的に動き始めているのを感じる今日この頃。
 お腹の中にいた小さな胚が人間の形をして生まれてくるのを目撃している気分です。
 ただ夜泣きする子なもんで店員みんな寝不足気味です。

2007年12月05日

オープン4日目を過ぎた。

それにしても、オープンパーティとやらは沢山の人がどこからかやってきた。
IMG_1521-01.jpg

わたしゃ、結局は誰にも連絡を取らなかった。

まあ、プラスワンとかネイキッドの焼き直しのイベントばかりが続いたが、高須先生の「変態性欲ナイト」は
阿佐ヶ谷ロフトの新人店員が驚いていたな。
目の前で、AV女優がおしっこして、一番前の変態おじさん客がそれをビールのジョッキで飲み干したんだから・・・
ネイキッドやロフトから連れてきたスタッフは平気な顔していたけれど、新人スタッフが「私、こんな変態な店やめます」と言われるんじゃないかとわたしゃ、あせったね。

昨夜の「おたくアミーゴス」が前売りが完売しないのにはちょっとびっくり。
でもなんだかんだ100人近くは入ったので、昨夜までは毎日満員御礼だ。

開演前に、お礼を言いに楽屋を訪ねたら、唐沢さんと眠田さんがいてもう一人誰か関係者らしい人がいて
その人はスルーして、唐沢さんに店を案内いて回った。

プロジューサーの斉藤嬢に「岡田さんはまだ来ていないの?」と聞くと、
「悠さん、3人そろっていたじゃないですか?」と言われて、あわてて
「あの人が岡田さんか?」とばかりに再度挨拶に行ったよ。

途中、休憩時間に楽屋で「アイスクリーム下さい」という声が聞こえて、この時期アイスなんか食べる奴は
だれかいな?と思ったら、な、なんと岡田さんだった。

「岡田さん、激やせ作戦はやめたんですか?なんでまた?」と聞いてみた。
「いや、いまでも私は何でも食べますよ」と言う。
「えっ、それでどうやってやせたの?」
「いや、出てきたものは全部口はつけるけれども、ほんのちょっとしか食べないんですよ。後は
残すんです」と言う。

「そうか、ちょっと箸をつけて後は残すんだ。腹5分目と言うことですか?」

と言う話で終わったけれど、全然ダイエットはつらくないと言っていたな。


2007年12月02日

初日レポ&本日のイベント

12.2(Sun) 本当は怖い(かも知れない)中央線vol.1
<新耳袋×とうもろこしの会 ~中央線怪談~>

木原浩勝(怪異蒐集家・作家)
とうもろこしの会
[吉田悠軌(会長)・今仁英輔(副会長)]

OPEN 18:30 / START 19:30
前売 ¥1,500 / 当日 ¥2,000(共に飲食代別)

071202.jpg

プラスワン、深夜の超人気企画「新耳袋」とネイキッドのウルトラ人気企画「とうもろこしの会」が夢のコラボレーション!

 ぜひ、阿佐ヶ谷ならではの新たな怪談でぞくぞくしちゃってください。

 さて、昨日ついにこけらおとしを迎えました。
 初日ならではの緊迫感もあり。
 ステージから「このテイタラク!」なんてこき下ろされたりもしつつ。
 何よりたくさんの方にご来場いただきありがとうございます!

 「バンドだからマリが行ったら俺もぶっ飛ばしに行かなきゃいけなかったんだよ。シカタなく!」なんてシゲルさんのケンカトークや秘蔵写真の数々で前半は盛り上がり、後半ではアコギなSSの生演奏&「和太鼓」の池畑さんという貴重なシーンも。
 最も「ロフト」を感じられる出演者のみなさんと初日を迎えることができたAsagaya/Loft A、最後はなんといってもロフトの守り神キースさんコールで終演したのでした。
 本当にみなさんありがとうございました。

 ブログ用の写真がなくてすみません…。


☆今日のスタッフ紹介
 右がいま一番新しいスタッフ、12/1から仲間入りの悠人くん(本名)です。
 左はいま一番高身長のスタッフ、セクシー野村です。
071202_0628~0001.jpg

2007年12月01日

壁の絵

 今日、ステージの背景を山田玲司さんが描いてくださいました。

 フライヤーの表紙でもあり、Asagaya/Loft Aのテーマにもなっている「絶望に効くクスリ」のイラストです。

071130_1602~0001.jpg
 アーティストの後姿ですね。

 完成した背景はぜひ直接見にいらしてください。

 こちらもアーティスト=お店をつくってくださった職人の方々です。
071130_2010~0001.jpg

 ありがとうございました!

 今日はいよいよグランドオープンです。

(こだま)